““主婦の笑顔を守りたいバナー””

17年通った「授業参観」で持っていて良かったもの8つ 〜 服装で悩む方もご覧ください

17年通った「授業参観」で持っていて良かったもの8つ

初めての授業参観。

小学校に入学したばかりの我が子がどんな学校生活を過ごしているのか?

先生やお友達とどのように接しているのか?

授業は真面目に受けられているのか?

気になることばかり。

また、子どもの様子を見るのが楽しみでもありますよね。

初めてのことは何事もわからないことばかりですが、授業参観での「持ち物」について疑問に思ったことはありませんか?

17年の間「授業参観」に参加した私が「持っていて良かった」と感じたものをピックアップしてみました。

皆様のご参考になれば幸いです。

授業参観で持っていて良かったもの




携帯スリッパ

子供が入学してすぐの頃は、普通のスリッパをビニールに入れて持参していました。

でも、大人用のスリッパってバッグの中で、意外に場所をとります。

そうすると、手持ちのバッグまで変えなければいけないハメに、、、

日曜参観など、父親・母親が揃うときは二足必要ですからますます持ち運びに困ります。

そこで便利なのが携帯スリッパです。

小さなバッグにも簡単に収納できるので授業参観以外にも、人が集まる場所で役立つのです。

据え置きのスリッパより、自分の持ち物が安心感もありますしね。

用途を考えて用意しておかれるといいですよ!

こちらはフォーマルにも使えます。

プリエ ドゥ 携帯スリッポン 

エコバッグ

授業参観で、子供の授業道具を持ち帰ることがあるので大きめのエコバッグを準備されておくと良いと思います。

授業で使うものは、大きかったり、重かったりします。

教科書、ノートなどの本類は数が増えると結構な重量になるので紙袋や薄いエコバッグでは切れてしまうことがあります。

持ち帰り品がある時はクラス便りなどで事前に知らされますので確認しておきましょう。

クリアホルダー

プリント類の配布は必ずあります。

特に、学級懇談会参加の際は必須ですのでお忘れなく。

1年間通して資料等を保管できるよう、クリアファイルもおすすめですよ。

必要な時、すぐに見返すことができます。

無音カメラ

我が子の授業風景を撮影して残したいと考えるパパやママは多いでしょう。

一生に一度しかない「今」を写しておくのはとても良いことです。

スマホという便利なものがある時代ですので、ほとんどの方がスマートフォンやタブレットで撮影されています。

しかし、シャッター音が響くと授業の妨げになります。

特に、低学年の子ども達はまだまだ集中力に欠けるので保護者の配慮が必要ですね。

是非「無音カメラアプリ」をインストールしておきましょう。

このアプリがあれば、どれだけタップしても大丈夫です!!

扇子(せんす)

夏場の授業参観では、教室に人が密集するため、息苦しかったり、暑くなったりするものです。

よく見かけるのは、学校からいただく資料等で仰ぐ風景ですが大切なプリントですので見栄え的に良いとは言えませんね。

そこで、バッグに扇子を忍ばせておくことをおすすめします。

扇子は折りたためるので邪魔にもならないし、100均に売っているので十分ですので持っていても損はありません。

野外活動などでも活躍すると思いますよ!

竹久夢二デザイン(シルク)扇子

筆記用具

授業参観後の懇談会などでは、筆記用具が必要かと感じます。

先生のお話で気になったこと、今後の行事予定、準備物等をメモできるペンや鉛筆が一本あると便利です。

小さい子供さんを連れて行かれる方

下の弟、妹を授業参観に同伴させるパパやママもたくさんいらっしゃいますね。

下の子が気になって、なかなか参観に集中できない・・というのが本音ですが仕方のないこと。

しかし連れて行く以上、授業の妨げにならないよう努める必要があります。

走り回る、騒ぐ、音の出るおもちゃなどは厳禁!!

そこで、下のお子様対策として持っていて良かったものをご紹介します。

絵本

本を見ることができる年齢でしたら、数冊持っておかれると良いですね。

授業中は静かですので、下の子供さんも静かに絵本に夢中になりますよ。

ただ、向き不向きがありますのであくまでも「本が好きな」お子様の場合です。

イヤフォン

子供が一番喜ぶのは動画。

今はスマホで観ることができるから便利ですよね。

イヤフォンを持っておかれると、授業が終わるまでの間ずーっと静かに動画を観ていることが多いです。

授業参観用に「とっておき!!」を作ってお筆記用具かれると良いですね。

観たことのない動画だと、思いの他集中してくれます。

小さいお子様には動画が最強ではないでしょうか?!

下の子どもさん用に「お菓子」を持ってきて食べさせている風景を目にしますが、学校の授業中です。

静かにさせるため・・とは言え、生徒たちは授業を受けていますのであまりおすすめできません。

カサカサと袋の音がしたり、キャンディ類は匂いが漂います。

低学年の子供さんなどは、どうしても集中に欠けてしまいますので、できれば食べ物以外での対策を考えることがベストだと感じます。

以上、自分が17年間 我が子の授業参観に通って「持っていて便利」だと感じたアイテムです。

多くのものは要りませんが、これらがあると恐らく授業参観で困ることはないと思います。

また、授業参観は基本的に、小学校、中学校、高校まで持ち物は同じですので、一度準備されるとずっと使うことができますよ!!

携帯スリッパは「まとめ買い」した記憶があります。

授業参観での服装について

初めての授業参観でよく尋ねられることが「親の服装」についてです。

親の服装は自由で、人それぞれですが「学校」「授業」ということを考えると華美すぎず、ラフすぎずといったところでしょうか?

授業参観での服装、コーディネート、身だしなみについてはこちらにまとめていますので、どうぞ参考にされてください。

授業参観 保護者会 など行事別に考える小学校保護者の服装(身だしなみ)

その他

年度始めのクラス懇談会では、必ず保護者の自己紹介があります。

「苦手だな」「嫌だな」と感じられる方も多いかと思いますが、1年間お世話になるクラス担任、保護者の方にご挨拶する意味でもぜひ、参加しておきたいですね。

懇談会の参加はどうしても必要なの? ~ 懇談会が「面倒」だと感じた時に考えたいこと

クラス懇談会(保護者会)の自己紹介 緊張しても印象的に話せるアイデア10!!

「授業参観が苦手で行きたくない」と感じたときに知っておきたい10のメリット!!

また、各学期最後のクラス懇談会では長期休暇の過ごし方や学習方法、宿題についてのお話がありますので、学校生活の長期休暇(夏休み、冬休み)を初めて迎える方はぜひ参加されることをおすすめします。

夏休み 基礎学力の定着を目指す効果的な勉強方法

基礎学力を身につける|小学校低学年で実際に取り組んだ家庭でできる勉強方法

初めての授業参観や懇談会では、親子でドキドキすることばかりですが、我が子の成長を知ることができる大切な行事ですので、どうぞ積極的に参加してくださいね!!

・小学校入学までに親が子供に教えるべき10か条 ~ 社会生活を乗り越える力

・【無料教材】子供のリビング学習にとても役に立つというおはなし

・学習机の購入は必要ですか? ~ 悩まれている方はぜひお読みください!!

・【理系女子】「うちの子は変わった子」と感じたら疑うリケジョの子供期10の特徴

・子供の入学式 清楚で可憐な「ママの服装」を知りたい!!

・子育て歴22年のママがおすすめする「心が穏やかになる」子育て本!!

・夏休みの自由研究に悩んだら熊本大学工学部「夏休みの自由研究に関する技術相談会」に参加しよう

17年通った「授業参観」で持っていて良かったもの8つ ~ 服装で悩む方もご覧くださいを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク