““主婦の笑顔を守りたいバナー””

目がよく見えない これって老眼?〜 老眼鏡をスマートに買う方法

老眼鏡をスマートに買う方法

洋裁が大好きだった。

娘たちの洋服、バックや帽子を手作りするのが楽しくて生地を大量に買い込んでいました。

まるで着せ替え人形?!

自分で言うのもなんですが、かわいかったんです。娘たち。

愛おしい時間ですね。

洋裁大好きなわたしがなぜ、針仕事をしなくなったのか?

「目」が見えづらくなったからです。

大きな声では言いたくない老眼と言われるもの・・。

目の酷使

娘たちが小さいころ(母が選ぶ服を着てくれていたころ)はミシン三昧な毎日でした。

行ってらっしゃーーーい ( ̄+ー ̄)

朝、家族を見送ると食卓は作業台へと変わります。

ひたすら洋裁に没頭する日々。<


時にはハンドメイド刺繍でステッチをかけたり。

細かな作業だって、全く苦にはなりませんでした。

思えばこの時のわたしの「目」は過酷な労働を強いられていたのですよね。

大切な自分の眼を酷使していたんです。

「目」には申し訳なかったけど、毎日何時間も洋裁に費やした時間に悔いはありません。

娘たちとの大切な思い出を作ってくれましたからね。

それに加え、パソコン大好きがプラス。

デジタルなど無縁だった主婦に「インターネット」の便利さ、楽しさを教えたのは旦那さん。

2000年より、これまたほぼ毎日パソコン画面に釘付けな日々を過ごすことになります。

メールを送ったり

ホームページを作ったり

画像を編集したり

それまでの生活にはない新しい発見の連続で夜な夜なパソコン作業に没頭する日々。

昼間はミシン、夜はパソコン。

わたしの「目」は極めてブラックな過酷労働を強いられたのです。

▶︎iPhoneの文字で目を酷使していませんか? ~ 誰でも簡単に文字を見やすくできる操作法

目がよく見えない

洋裁が好き、得意なことの一つだった。

娘の体操服にゼッケンを縫い付けるのもお安い御用です。(面倒だけどね)l

・・・のはずだった ( ̄∇ ̄)

いつものように洋裁箱から針を出し、糸を通そうとしました。

だけど、何度針穴に糸を通しても糸が通らない。

なぜ? どうして?

何度も針を見直したのですが、私の目では針穴がよく見えません。

なになに? なんなのーーー?

今までこんなこと一度もなかったのに・・・

このとき初めて「老眼」という言葉が脳裏に浮かびました。

まじか・・ Σ(・・;)

日にちをおいて、数回試しましたが結果は同じでした。

とうとう、、

このまま見えなくなっていくのかしら?

でも、ここは楽天的に。

ゼッケンなんて毎日つけるわけではないし、外では何の異常もないのだから大丈夫!

それから何事もなく時間が過ぎました。

ある日、食事の最中に調味料の成分表を見たときのことです。

文字が小さすぎてぼやけている。

おかげで何を書いてあるかさっぱりわかりません。

私の自慢の一つ。

子供のころから、視力は両眼とも1.5

この視力で成分表が読めなかったことはありません。

ショック!!!

それから、だんだんと読めないもの、読みにくいものが増えていきました。

特に蛍光灯の下では、文字がよく見えなくて目を細めることが多かったのです。

スマホなんて読みにくいったらありゃしない。

きっと、目を細めしかめっつらで読んでいたに違いない。

ある時、旦那さんに言われました。

老眼鏡(リーディンググラス)かけたら?

わたしがもっとも恐れていたこと・・。

即座に首を横に振る。

拒絶反応を示しました。

生まれて今日まで、ずっと裸眼で生活してきたのです。

メガネなんて一度もかけたことがない。

メガネなんてなくても読めるはず。

しかし、それから小さな文字が読めることはなかったのです。

さすがにあきらめましたよ。

このままでは「目によくない」ことがわかりきっている。

そして、目を細めてしかめっ面ばかりでいると、顔のシワが増えそうな気がしました。(そこ?)

目の酷使が、両眼への道を早めてしまったのではないかと感じています。

老眼鏡(リーディンググラス)を買う決意

顔のシワを増やさないことを考慮して(仕方ないっ)、ついに老眼鏡を買うことにしました。

洋裁はしなくなったものの、パソコンは相変わらず毎日。おまけにスマホも四六時中。

老眼鏡同様に、ブルーライトカットの必要性を感じていたのです。

眼鏡(リーディンググラス)にお世話になること決意!!

目を酷使したわりには、度数「+1.0」でイケたのがちょっとだけ嬉しかったです。

メガネを購入して分かったこと。

ブルーライトカットレンズは少し茶色がかっているため、少しガラが悪く見えてしまうこともあります。笑

ブルーライトカットは、いわば紫外線カットと同じこと。

サングラスのようなものと思っていただければよいでしょう。

私のメガネは、老眼とブルーライトカット両用です。

今でも、老眼鏡(リーディンググラス)をかけることには抵抗ありますが、50代目前、仕方ありませんよね!!

「老眼+ブルーライトカット」のメガネをかけることで、他の目の病気を防げるのなら、それに越したことはありません。

老眼鏡(リーディンググラス)をかける目安

・明るい部屋では今までと変わらないが、薄暗い場所、灯りの下などで見えにくくなる

・遠くのものは普通に見えるが、近く(調味料の成分表など)が見えにくい

・小さめの文字を読むとき、細かい作業をするとき、距離をとると見やすい

・手元や読書の距離でピントが合わない感覚がある

・頭痛や肩こり、目の疲れやかすみ

など。

もし、このような症状(老眼の初期症状)で悩まれている方がいれば、症状が軽いうちに、眼鏡をかけられることをお勧めいたします。

老眼鏡(リーディンググラス)をスマートに買う方法

視力には何の問題もなかった私。

もちろん、メガネ屋さんにも行ったことがありません。

そんな人が、眼鏡ショップへ行く。

これも「抵抗」の一つでは無いでしょうか?

近視、乱視などの症状ならともかく、老眼ですよ、老眼。

自分の老いを認めるようで、恥ずかしいではないですか?!

これまでも幾度てなく、眼鏡ショップの前で立ち止まりはしたんです。

でも「老眼鏡を買いにきました」と言えなかった意気地なしです。

そんな私が眼鏡を買えたのはインターネットがあったから。

皮肉にも、目の酷使を手伝ったスマホを通して老眼鏡をGETしたのです。

めがねって、かけてみなければとんな感じかわからないじゃん!

似合わなかったらどうする?

という思いがあったのですが、さすがはスマホ(ネット)社会、「無料試着」なるものがあったのです。

めちゃくちゃ便利です。

>> アイウェア関連商品を取り扱うオンラインモール【M-ALL(エムオール)】

手順は簡単。

  1. 「試着OK」のアイコンが付いているフレームの中から3本まで選べます。
  2. 商品をカートに入れ、購入画面へ進みます。(ただし、「試着希望」の記載を忘れないように)
  3. 届け先の住所を入力。
  4. 支払い方法は「クレジットカード決済」を選択して購入手続きを。
  5. M-ALさんより試着品が到着後しますので、デザイン・サイズなどをご確認ください。
  6. 返品手続き
    ・購入される商品がある場合も一度全ての商品をご返送ください。
    ・返送時は、同梱されている返送用封筒と着払い伝票をご使用ください。

注意点

商品到着後5日以上経過した商品

到着後にキズや汚れが生じた商品(香水・体臭がついた商品、パッケージの破損した商品を含む)

は、返品できません。

>> くわしく見てみる

いくつかのデザインをWEB試着して、お気に入りの老眼鏡を探しました。

何気にネットで探してみたら衝撃の発見があった!!

この発見により、わたしの「目がよく見えない」問題が一件落着したのです。

今では、気になるブルーライトへの恐怖心も軽減され快適なネット生活を送っています。

我慢して目の病気を発症したり、顔のシワを増やすより「ブルーライトカット老眼鏡」をおすすめします。

目も身体も、お肌も健康でありますように!!

・ネットショッピングと実店舗ショッピング 有益な買い物方法はどちら?

・「やる気」と「行動力」を高める方法~ミネラル摂取してフットワークを軽くしよう

・【乾燥肌】お肌の乾燥が良くない理由と「保湿」以外の注意点

iPhoneで写真が撮れないのはなぜ? 容量がいっぱいになった時の初心者向け簡単おすすめ方法

目がよく見えない これって老眼?~ 老眼鏡をスマートに買う方法を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク