健康

体の疲れ 心の疲れがたまる前に自分でできる回復法


スポンサードリンク


現代社会で学校に通ったり、仕事を続けていくなかでストレスを感じることは多いと思います。

どんなに元気そうに見える人にでも、心が傷ついたり、心が折れたりすることは必ずあるのです。

学校や仕事で心が疲れたとき、また体が疲れた時、皆さんはどのように対処されていますか?

自分の心や体の疲れをうまく対処できなければ病気になることも十分に考えられます。

ストレス社会

社会で暮らしている以上「ストレスゼロ」というのはなかなか難しいですよね。

学校でお友達とトラブった・・

仕事でミスをして落ち込んだ・・

人間関係で悩んでいる・・

作業ばかりで肉体的に疲れた・・

など、大なり小なりストレスを抱えていることだと考えます。




しかし、心が疲れる=体が疲れる=精神的なストレスを長期に感じ続けるといつものように行動できなくなってしまいます。

心や体が疲れた時に起こりやすい症状として

食欲不振、集中力低下、眠気、肩こり、腰痛、寝起きが悪い、肌あれなどが挙げられます。

今「ああっ」と感じた方は疲れ気味の可能性がありますよ。

栄養のある食事を摂って、睡眠時間をしっかりと確保するなどの対処をなさることをおすすめします。

無理は禁物!!

また、仕事にとても集中していたり、強い責任感を感じている時などは疲労を自覚することができず、無意識のうちに限界を超えてしまうこともあります。

ご自分の状況を考えて、残業が続いている、明らかに睡眠がとれていない、まともな食事が摂れていないという方は必然的に「カラダ」がストレスを感じているので要注意です。

お金をかけない簡単な「10のストレス解消法」

疲れがたまる原因

睡眠不足や不規則な生活

睡眠時間が少ない人はもちろん、昼夜逆転するお仕事や生活は要注意です。

無理して続けていると一日の疲れを癒すことができず、慢性疲労へと繋がります。

また、皮膚の新陳代謝をうながす成長ホルモンはほとんどが睡眠中に分泌されるため、美容にも良くないと言えます。

精神的ストレス

仕事、育児、家事などでストレスを感じている場合、ストレスによる疲労感が溜まります。

特に仕事や家事に集中していると疲労を自覚することができません。

ふと気持ちがリラックスしたたときに疲れが襲ってくることがあります。

栄養バランスの悪い食習慣

時間がないからとジャンクフードばかりになったり、栄養バランスの悪い食事をしていると、身体がエネルギー不足になってしまいます。

特にビタミン、ミネラルが不足すると、体内でエネルギーが十分に産生できず疲れやすくなります。

働き過ぎ

身体を酷使しすぎるとエネルギー生産に必要なビタミンB1B6、ミネラルといった栄養素が足りなくなり、体力をより消耗させてしまいます。

加齢による代謝低下

年齢を重ねると、体内の老廃物が代謝されにくくなるため疲れやすくなります。

加齢そのものはどうにも避けられないため、年齢に合った食事や睡眠など生活習慣の見直しが必要となります。

このようなことの積み重ねが「体の疲れ=心の疲れ=精神的疲労」へと変化していきます。

普段気にならないようなことでイライラしたり、

いつもなら笑い飛ばせるようなことでとても傷ついたり、

日常のことから逃げ出したくなったりといった症状が現れてくるのです。

 

心が疲れてしまう前にできること

誰かに話して相談してみる

心が疲れないためには、まず思いっきり喋ることは有効なストレス解消方法だと感じます。

嫌なこと、不安なこと、気になることを心許せる人に話してみてはどうでしょうか?

話すことで心がスッキリするし、解決策が発見できたりして「心の疲れ」を食い止めることができそうです。

外で仕事をしていない主婦だって同じこと。

ストレスが溜まる前に、家族、友人に話を聞いてもらいましょう。

息抜き上手な主婦はストレスフリー ~ すぐに実践できる「8つのストレス解消法」

食事を見直す

仕事に追われていたり、余裕がないとついついインスタント食品やお菓子で食事を済ませたり、食事を摂らなかったりとなりがちですね。

毎日を生き生きと元気に過ごすためにはしっかりと食事を摂ることは不可欠です。

食べずに栄養が足りない結果、肉体疲労や精神的疲労=心の疲れにつながってしまいます。

特にビタミンやミネラルを摂ることは大切です。

簡単なミネラル摂取方法はこちら

良質な睡眠を

快活に過ごすために睡眠(体と脳を休める)ことは不可欠です。

では、良質の睡眠とはどのような睡眠なのでしょうか?

人間の睡眠には眠りが浅く、カラダが寝ていても頭が起きているレム睡眠と、眠りが深く、心身共に休んでいる状態のノンレム睡眠があります。

レム睡眠とノンレム睡眠はだいたい90分の周期で一つになっていると言われます。

より効果的な睡眠は、就寝後90分の倍数で目覚めるのが一番理想的です。

が、計算して眠るのも難しいものですよね。。

そこで、ノンレム睡眠がしっかりと確保できる状況を作ってあげることが肉体疲労、心身の疲労を和らげるポイントとなります。

寝室は静かに、アロマなどでリラックスする、寝る前はブルーライトを浴びないなど、睡眠確保のための工夫をすることで良質な睡眠が確保できますよ。

心が疲れを感じないために、肉体的な面、心身的な面の両方からストレスを和らげる工夫や解消方法が大切になりますね。

 

心を癒やす

他、環境が許すならばペットと暮らすこともおすすめです。

「ドッグセラピー」という言葉を聞かれたことがあると思いますが、人が犬と触れ合うことによって精神的情緒的安定や、身体的な運動機能回復効果が得られることを目的とした活動のことをいいます。

このセラピー効果は犬だけではなく、アニマルセラピーとして猫、ウサギ、ハムスター、他のペットでも有効です。

要するに、自分が心許せるペットならアニマルセラピーの効能を得ることができるのです。

セラピー効果を得ることができれば、心の疲れを癒すこともできます。

実際に、自分も犬との生活をしておりますが、この犬にどれだけ心救われているか計り知れません。

最高の出迎え

仕事で落ち込んだり、人間関係に悩みを抱えながら帰宅すると愛情いっぱい、オキシトシンを撒き散らしながら、全身で自分の帰りを喜び、迎えてくれます。

このオキシトシンを受けると、自然に笑みがこぼれ、緊張していた心が和らいでいくのがわかります。

精神的な疲れ、肉体的な疲れも消えていきます。

寄り添ってくれる

ペットは言葉を持ちませんが、家族の一員として育てられたわんちゃんや猫ちゃんは、人間の行動や思いを理解してくれています。

飼い主さんが疲れている時、悲しんでいる時、苦しんでいる時は静かにただただ横に寄り添ってくれます。

自分は横に寄り添ってくれるペットの愛と温かい体温で「心の疲れ」が癒されます。

無償の愛

ペットは欲も汚れもない美しい愛情を無償で注いでくれます。

なんの取り引きもありません。

裏切られたり、悪口を言われることもありません。

100%信頼できる「愛」です。

この愛を感じるだけで心癒され、接するうちに疲れが遠のいていきます。

自分自身の生活で考えると「ペット」の存在が心を癒し、心が癒えることで体の疲れを癒し、活力を与えてもらっているメリットは大きいものです。

ペットとの暮らしは心の疲れを癒すことができるとても個人的なおすすめですが、ベットは生き物であるがゆえ、そのお世話が必要になることも確か。

それが面倒だったり、苦痛に感じる方には最良とは言えませんね。

ペットの癒しについて

笑うだけで幸せになれる? ~ 犬も飼い主も同じだよっていうお話!

お金持ちじゃないと犬が飼えない?! そんなことはありません!

リラックスするには〇〇をプラスして!! ~ 犬のリラックス方法は?

いかがでしょうか?

肉体的な疲れ、精神的な疲れ、様々なストレスを抱えながら生活していかなければいけない現代人。

心が弱り「ストレスを溜めてしまう」と偏頭痛、円形脱毛症、発性難聴、うつ病、他にも思わぬ病気を引き起こす原因となってしまいます。

体が疲れる前に、心が疲れる前に「疲れを癒す独自方法」を探したいですね。

まずは基本的な食事、睡眠の確保を心がけてみましょう。

 

体の疲れ 心の疲れがたまる前に自分でできる回復法を最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク


関連記事

  1. 乾燥による背中のかゆみを抑えてくれるおすすめの保湿アイテム
  2. 悲しい 辛い 悩んでいるはずのに食欲旺盛 「食べ過ぎてやばい」〜…
  3. 基礎代謝の低下によるデメリットと自分でできる対策 〜 痩せない原…
  4. 「やる気」と「行動力」を高める方法〜ミネラル摂取してフットワーク…
  5. 暑さと紫外線を攻略 〜 疲れ知らずで夏を乗り切るための方法
  6. iPhoneの文字で目を酷使していませんか? 〜 誰でも簡単に文…
  7. 足の裏がカサカサ ささくれまでできてもう嫌だ!|原因と対処法、予…
  8.  【熱 発疹】麻疹? 風疹? 子供にも帯状疱疹(たいじょうほうし…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP