生活

暑さと紫外線を攻略 〜 疲れ知らずで夏を乗り切るための方法


スポンサーリンク


夏になると「暑い」から体調を崩してしまうと考えがちですが、暑いから・・ではなく、暑いことによって起こる現象により夏バテしたり、熱中症を起こしたりするのですよね。

気温だけではなく、紫外線によって受ける影響からも体調を崩すことがあります。

実は、紫外線って「日焼け」だけが問題ではないのです。

紫外線が私たちの体に及ぼす影響を知り(紫外線には良い面もあります)、高温多湿の中で上手に過ごす方法をぜひ、習得したいものですね。

せっかくの夏を、ただただ疲れて過ごすのは残念です。

 

 

暑さによる体調不良

みなさんの頭に浮かぶのは「熱中症」「夏バテ」ではないでしょうか?

頭痛、吐き気、発熱などの症状があれば、どちらかを疑わずにいれませんよね。



熱中症(ねっちゅうしょう)

熱中症の症状はまさに、頭痛、吐き気、倦怠感(体がだるい)、手足のつり、発熱(体温が高い)

ひどくなると意識障害なども起こります。

聞き慣れた症状名となりましたが、決して軽く考えてはいけないのが熱中症です。

みなさんは、熱中症の原因となる条件をご存知ですか?

・急に気温が上昇する

・高湿度の日(汗をかいて蒸散することができないため、体内に熱がこもります)

・エアコンが効いた涼しい部屋などから、突然暑い外へ出たとき

・運動やスポーツの最中、後

室内にいるから、あまり気温が高くないから、ちょっと歩いて外出するだけだからという甘い考えは持たず、いつも熱中症がそこに潜んでいることを忘れずに生活することをお勧めいたします。

熱中症は一気に症状が進行するため、症状が現れてからでは遅いこともあります。

 

熱中症の種類

熱中症といっても症状は様々で、病名も異なることを知っていますか?

熱失神(ねつしっしん)
皮膚血管の拡張により血圧が低下、脳血流が減少してめまいや顔面蒼白、一時的な失神の症状などが現れます。

熱けいれん
大量の汗をかき、血液中のナトリウム(塩分)か足りない場合に、手足がつる、筋肉痛、筋肉が痙攣(けいれん)するなどの症状が現れます。(水分+ナトリウムの補給が必要です)

熱疲労(ねつひろう)
大量に汗をかき、水分の補給が追いつかない場合に全身倦怠感、悪心・嘔吐、頭痛、判断力の低下などの症状が現れることがあります。

これは脱水症状の一種だということ。

熱射病(ねっしゃびょう)
体温の上昇により、中枢機能に異常をきたした状態で深部体温が40度を越すなど、危険で緊急を要する場合があり、意識障害、言語障害、ふらつき、ショック状態などの重い症状が現れます。

暑さや湿度により生じるこのような症状をまとめて「熱中症」と言われているため、熱中症も人によって症状は様々で、軽い人もいれば重い人もいるというわけです。

 

熱中症の予防・対策

喉が渇いたと感じなくても、こまめに水分補給をする

直射日光はできるだけ避け、外出の際は木陰での休憩を心がける

室内でも暑さ(湿度)を我慢せずに、扇風機だけではなくエアコンも取り入れる

湿度が高くなると熱中症の原因を引き起こすため、通気を良くすること

真夏の行動の際には、いつも注意しておきたいことですね。

 

夏バテ

夏バテは熱中症のように急激に現れるものではなく、暑さで体力が弱ることから生じる症状のことを言います。

私たちの体は暑い時も、寒い時も一定の体温を保つためにエネルギーを消費します。

健康であれば何の問題もないのですが、暑さにより食欲がなくなると、当然エネルギー消費に耐えられなくなります。

そうなれば、体内の熱を放出することができなくなるため「夏バテ」の症状が現れてしまうのです。

夏バテの原因

では、夏バテにはどのような原因があるかをご存知ですか?

意外に「熱中症」の原因とごちゃ混ぜになっていることが多いので、再度ご確認いただきたいです。

水分、ミネラル不足

これは、熱中症ともかぶる部分ですね。

汗をたくさんかいて体の水分とミネラル分が外に排出されるため、不足した水分、ミネラルを補充しなければいけませんが、水分、ミネラルが足りないことにより脱水症状を起こしてしまいます。

栄養不足

食欲がなくなると、栄養不足になることは想像がつきますね。

エアコンの効いた室内にこもったり、暑いからと冷たいものばかりを食べていると、内臓機能が低下して食欲不振となってしまいます。

食欲不振となれば当然、栄養の吸収が悪くなるため体調を崩してしまうのです。

この結果、立ちくらみ、めまい、むくみ、微熱、吐き気、全身の倦怠感、

食欲不振、下痢や便秘など消化器官に不調が現れたり、さらには自律神経の乱れからイライラ、無気力など精神的なダメージを受けることになります。

自律神経の乱れ

栄養不足からも精神的ダメージを受けやすくなりますが、
私たちの体は暑くなると体温を保とうと汗をかくなどして体熱を外へ放出しますが、これは自律神経の働きによるものです。

しかし、私たちが生活する社会では冷房設備の整った涼しい屋内と暑い室外との温度差が激しく、体温を調節する自律神経の働きが乱れてしまうために夏バテの症状が現れます。

自律神経が乱れると精神的ダメージのほか、体温の調節も難しくなってしまいます。

 

紫外線によるダメージ

紫外線(UV)は肌への悪影響が多いことは皆様もよくご存知かと思います。

紫外線に含まれるUVAが肌に蓄積すると、ハリや弾力を失い肌老化を進ませてしまう他、メラニン色素を酸化させ肌を黒くするのです。

メラニンというと悪いイメージばかりが頭をよぎりますが、メラニンそのものは紫外線や活性酸素によるダメージを引き受け、肌細胞を守る大切な働きもしてくれます。

メラニンの蓄積が、私たちのお肌に良くないのです。

メラニンを蓄積しないためには、ターンオーバーの周期を正常に保つことです。(新陳代謝を良くすること)

規則正しい生活、食生活、また適度な運動を心がけることが大切ですよ。

メラニンの生成を抑えるために(過剰に生成されないように)有効とされるビタミンCは体内に蓄積されにくい栄養素なので、食事などで積極的に摂り入れるようにしましょう。

また、紫外線に含まれるUVBは量は少ないながら肌への悪影響は大きく、短時間で肌が赤くなる炎症反応を起こしたり、しばらく経過した後に肌が黒くなる色素沈着反応を引き起こす作用があります。

 

紫外線による疲れ

皆さんは、紫外線(日光)を浴びるだけでだるい、眠くなる、疲れを感じたという経験がありませんか?

特に運動したり、肉体労働をしたわけでもないのに、なぜ疲れを感じるのでしょうか?

皮膚の表皮には免疫を司る「ランゲルハンス細胞」というものがあります。

ランゲルハンス細胞は、皮膚内に侵入してきた異物をいち早く察知する、なくてはならない細胞ですがこの細胞は紫外線(UV)を浴びると働きが弱ってしまうのです。

ランゲルハンス細胞の働きが弱ることで、私たちの免疫力も弱ってしまうため「疲れ」となり症状が現れてしまいます。

また、免疫機能の一つとして体内に入ってきた細菌などをやっつけてくれる活性酸素は紫外線を浴びることで発生すると言われています。

免疫機能を高めてくれるのはとてもありがたいのですが、量が増えすぎた活性酸素は正常な細胞までも攻撃してしまうため、思いもよらぬところで体力消耗をしているのです。

傷ついた細胞が疲労物質となるため、紫外線を浴びすぎると「疲れ」を感じるのです。

暑さと紫外線が、私たちの体にこれだけの影響を及ぼしているのです。

道理ですぐ疲れる上に、体調も優れない・・、年齢を重ねるにつれ、夏がくることに恐怖を感じる自分がいました。

年々、疲れはひどくなる一方で熱中症で倒れた時にはさすがに対処法を考えました。

暑さと紫外線に対する独自の対策により、嘘のように夏を元気に過ごしております。

 

疲れ知らずで夏を乗り切るための方法

自分が行った「暑さと紫外線」に対する独自の対処法をご紹介します。

ミネラル摂取

「やる気」と「行動力」を高める方法~ミネラル摂取してフットワークを軽くしよう

この記事でも紹介しているdoTERRA社の「PHOSSIL ミネラル」ボトルキャップ2杯を、毎日必ず摂取するようになり、驚くほどの効能を感じています。

毎日体が軽くなったのは記事でご紹介した通りで、その軽やかさは真夏になっても衰えませんでした。

以前なら買い物程度、ほんの少しの買い物でもぐったり疲れていたのに、今は全く平気です。

フットワークが軽くなったことはもとより、紫外線による疲れを感じずに過ごせているのは、自分的には奇跡に近いことなのです。

 

日焼け止めの塗り直し

在宅の日でも朝のメイクでしっかりと日焼け止めクリームを塗ります。

家事をしていると知らず知らずの間に紫外線に当たっているものです。

少しの紫外線も許さず、できるだけ肌への紫外線をカットしています。

また、昼を過ぎたら必ず日焼け止めクリームの塗り直しを行なっています。

以前は、外出しない日は日焼け止めクリームを塗らない日もありましたし、外出後の塗り直しを怠っていました。

しかし紫外線カットをするため、おおいに日焼け止めクリームの効果に期待しました!

 

日焼止めスプレー使用

日焼け止めクリームの塗り直しはもちろんですが、外出先ではできないこともあります。(できないことの方が多いですね)

そこで、外出時に持ち歩いたのが日焼け止めスプレーです。

これは、かなりの効果が期待できますよ!!

猛暑日に丸一日外で過ごしましたが、目立った日焼けもなく疲れも感じませんでした。

猛暑日ですから当然、ものすごい量の汗をかきます。

汗を汗取りシートで拭き取ってこまめにスプレーしました。

 

日傘でガード

日焼け止めクリーム+日焼け止めスプレー、さらに日傘で肌をしっかりとガードします。

日傘があるかないかでかなり効果に違いがあるかと思います。

このトリプルガードが疲れを感じさせない成果に繋がったのではないかと自己分析しております。

紫外線は目からも入ってくるので、UVサングラスなども効果があると思いますよ。

 

以上、この4つを徹底して暑い夏を過ごします。

暑さの対処には水分補給とミネラル摂取、紫外線対処には日焼け止めクリーム+日焼け止めスプレー+日傘のトリプルガードを行うことで直接日光に触れることを防げるため、疲れ知らずの夏を過ごせたのです。

自分でも信じられないくらいに「元気な夏」を過ごせております。

皆様も暑さと紫外線を攻略して、高温多湿で過ごしにくい日本の夏をどうぞ上手に乗り切ってください。

今、ご紹介した「暑さと紫外線」に対する独自対処法が皆様の参考となれば幸いです。

➡️紫外線を浴びると疲れるのはなぜ? ~ 疲れの原因と対策!!

 

暑さと紫外線を攻略 ~ 疲れ知らずで夏を乗り切るための方法を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 手作りの浴衣で私だけのおしゃれを満喫 〜 無料型紙からおすすめ生…
  2. ユニクロ(UNIQLO)高くなったよね 〜 ユニクロ服をお安く着…
  3. 橋本愛(はしもとあい)さん 〜 西郷どんの一人目の妻「伊集院須賀…
  4. 高校野球【夏の甲子園】2018年〜持ち物にプラスしたい絶対におす…
  5. NHK朝ドラ出演「中村雅俊」さん 〜 かっこよくて優しいおじいち…
  6. 足の裏がカサカサ ささくれまでできてもう嫌だ!|原因と対処法、予…
  7. 「羽生結弦選手」五輪報告 凱旋パレード 応援グッズ販売決定!〜 …
  8. 子供がピアノを練習する際のピアノの置き方はどの部屋、どの場所が望…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP