生活

【バナナが旬】カロリーや効能を知って食べるおすすめのバナナケーキ(レシピあり)


スポンサーリンク


バナナケーキ、バナナマフィン、バナナヨーグルト、女性や子供が大好きなスイーツの一つです。

スーパーに行けば、いや、最近ではコンビニでも年間通して見られるバナナは、リーズナブルで季節問わず食べれる果物として知られています。

一時期は「バナナダイエット」なども話題になりました。

あまりにも馴染みすぎて当たり前の果物になっていますが、バナナの旬は5月末頃から遅いものは10月、最盛期は7月から9月です。

ジャイアント・キャベンディッシュ、台湾バナナ、バナップル、モンキーバナナなど、品種やブランドもたくさんありますが、全般的にこれからバナナが一番美味しい季節となるのです。

バナナを楽しむためにもカロリーや効能なども知っておきたいですね。

 

バナナの栄養価

バナナ100gを食べるとカロリーは86Kcal

脂質:0.2 g

カリウム:360 mg

炭水化物:23 g

水溶性食物繊維:0.1 g

不溶性食物繊維:1 g

タンパク質:1.1 g

ビタミンC16 mg

鉄:0.3 mg

ビタミンB60.4 mg

マグネシウム:32 mg

カルシウム:6 mg


バナナは果物の中で最も多い糖質を含んでおり、2本食べれば「ごはん1杯分」のエネルギーが摂取できることから、栄養学的に考えるとじゃがいも、小麦粉などと同じ炭水化物類として分類されます。

だから、バナナは「栄養価が高い」と言われるんですね。

スポーツなどの休憩にバナナを食べている光景を見かけたことがありませんか?

糖質は完熟すると消化吸収しやすいブドウ糖となり、すぐエネルギーに変わるので、手軽に食べることができ、エネルギー補給に適しているからです。

 

バナナの効能

効能」は時々食べるだけでは得ることができません。

継続してバナナを食べた時に得られる効果として

疲労回復・・ビタミンB1
心の安定リラックス・・マグネシウム

糖質をエネルギーにすばやく変えスタミナアップ・・ビタミンB1

タンパク質の代謝を助ける・・ビタミンB6

筋肉の収縮をサポート・・カリウム

カルシウムの吸収促進・・マグネシウム

脂質の燃焼代謝を助ける・・ビタミンB2

コレステロール抑制効果・・食物繊維

利尿作用でむくみ解消・・カリウム

肌荒れ予防・・ビタミンB6

肌の酸化を予防・・ポリフェノール

安眠効果・・セロトニン

アルコール分解・・ナイアシン

このようなことが考えられます。

美容に良い、ダイエットに良いとされる理由がわかりますよね。

女性は食べ方に注意

体重が気になる女性にとって、バナナを食べるタイミングはとても重要だと感じます。

果物でありながら「炭水化物として考えても良い」バナナは、食べすぎると当然、体重増加の原因となります。

炭水化物は私たちの重要なエネルギー源ですが、消化されるのはとても遅いのです。

夜遅い時間、寝る前に食べるのはダイエットの敵!!

分量も一日に一本といったところでしょうか?

バナナが大好き、でも太りたくないという方は、朝食にバナナを食べて体重増加対処をしましょう。

 

バナナは果物?

小さい頃から「バナナ=フルーツ」と信じて疑うことはなかったのですが、実際のところどうなのでしょう?

皆さんは「バナナの木」をテレビなどでご覧になったことがあるでしょう。

大きいものでは高さ数メートルもあり「バナナの木」と言われていますが、実際は草本であることから正確にいうと果物ではなく、野菜(果菜)に分類されると言います。

草本とは
木にならない植物、樹木のように大きくならず、太く堅い幹を持たない植物のこと。

 

美味しいバナナの選び方

美味しいバナナの選び方としては、バナナの美味しさは収穫時期で決まるそうです。

バナナは緑の状態で収穫しますが、黄色になる直前、一部が黄色くらいが美味しいのだと言います。

さらに、角ばっていないものを選ぶと美味しい確率が高くなりますよ!

 

おすすめのバナナケーキ

バナナを購入すると、必ず食べたくなるのがバナナケーキ。

生で食べるのも美味しいですが、焼いたケーキに馴染むバナナの味もたまらない美味しさですよね。

さらに「簡単に作れる」ということもあり、子供が小さい頃からバナナケーキは常連おやつになっています。

そこで「COOK PAD」で見つけた美味しいバナナケーキレシピ・大ヒット6選をご紹介させていただきます。

(レシピ名をクリックするとCOOK PADページにジャンプします。)

*バナナとヨーグルトのパウンドケーキ

材料を混ぜて焼くだけの超簡単バナナケーキですが、生地にヨーグルトを混ぜ込むことでとてもしっとりとした焼き上がりになります。

個人的には粗熱をとり、冷蔵庫で冷やして食べるのが好きです。

 

*離乳食後期~豆腐とバナナのホットケーキ

栄養バランスに優れたバナナは育ち盛りの子供に不足がちな栄養がたくさん。

おやつには最適ですね。

子供さんが小さければ小さいほど、豆腐を使ったこちらの「バナナケーキレシピ」がおすすめですよ。

 

*米粉で作るバナナケーキ=グルテンフリー

「グルテン」とは小麦・大麦・ライ麦など、穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種のこと。

現在、アレルギーや美容のために「グルテン」を控えている方も多いですよね。

そんな方にもおすすめのレシピです。

自分は米粉のもっちり感がお気に入りで食べています。

 

*ココナッツオイル❤︎バナナケーキ

甘さ控えめのさっぱりとしたバナナケーキが食べたい時には、こちらのレシピがおすすめです。

バター無し、ココナッツオイルでとてもヘルシーですので、毎日食べても問題ありませんよ!

 

*しっとりバナナケーキ

ホットケーキミックスがあるときは、こちらのレシピを使わせていただいてます。

材料を混ぜ合わせて焼くだけの簡単レシピですが、焼けたときのバナナの香りがなんとも香ばしいのです。

ホットケーキミックスは万能ですね!

 

*バナナパウンドケーキ

「バナナケーキ」の定番といって良いパウンドケーキ。

砂糖控えめ、オーソドックスなこちらのパウンドケーキがおやつとして喜ばれます。

ちょっとしたプレゼントなどにも良いですね。

[関連] 東京ばな奈のディズニーリゾート(R)限定品登場|東京ばな奈の食べ方やカロリーなど

 

夏に旬を迎えるバナナ。

ヨーグルトバナナ、フルーツポンチなど生で食べるも良いですし、生地に入れ込んでケーキとして食べるのも良いですね。

カロリーも意識しつつ、最大限バナナの魅力を楽しみたいですね!!

 

・夏のフルーツ ~ 果物の効能や効果的な食べ方、ランキングなど。

・とてつもなく甘い苺「紅あやね」いちご狩り情報 ~ 5つの品種が揃う贅沢な農園

・ぶどう狩りは熊本【観光農園 吉次園】~50分食べ放題が大人1.080円から楽しめる~注意点やおすすめカフェなど

・驚愕の「杏仁豆腐」スイーツですっかり虜になりました!!

・バレンタインの友チョコを簡単に おしゃれでかわいく 大量生産できるレシピ!!

・手作りのお菓子(スイーツ)を作ってみんなを喜ばせるって幸せ ~ おすすめ材料もご紹介

・赤いサイロ|カーリング娘(ロコソラーレ)もぐもぐタイムのご用達銘菓が完売状態「こんな感じ!」

RINGO「焼きたてカスタードアップルパイ」はリンゴ+カスタードクリーム+幸せ生地で作られていた!!

・ディズニーお菓子をミッキーのクッキー型で ~ ハロウィン クリスマス 誕生日にも大活躍!!

・「もやし」って素晴らしい ~ 安い 簡単 美味しい ダイエットにも良い万能食材です

 

【バナナが旬】カロリーや効能を知って食べるおすすめのバナナケーキ(レシピあり)を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 女性が「経済的自立」を目指して 40代からでもできること!!
  2. 「若返り」の秘訣はメイク?サプリ?〜お肌のシミに【メラノCC美容…
  3. スマホゲームにハマる理由とハマらないために必要な〇〇!!
  4. 女子力を上げるための方法 〜 年齢を重ねるほど美しい女性になるに…
  5. 高校生の通学自転車はこのように選びました 〜 安全 安心 疲れな…
  6. 「iPhone X」を使ってみて良かったこと5つ ~ 普通の主婦…
  7. 「トヨエツ」が漫画家に 〜 NHK朝ドラ 売れっ子少女漫画家は豊…
  8. 「ペット可」の賃貸住宅ではどんなペットを飼っても大丈夫? 〜 ト…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP