楽しみ

バレンタインの友チョコを簡単に おしゃれでかわいく 大量生産できるレシピ!!


スポンサーリンク


バレンタインが近づくと、大人も子供も、男性も女性もなんだかソワソワしますよね。

最近では本命の人にプレゼントするチョコよりも、友チョコ、義理チョコ作りに精を出さなければいけないほどで、

チョコレート大量生産が当たり前になってしまいました。

主婦、女性の皆さんは良いとして、子供達のチョコレートプレゼント作戦が大変なことになっています。

だって、、、

キッチンを使って大量のチョコを作るのですから、その後片付けも大変なわけで、結局はママのお仕事になってしまいます。

ならば、初めからママ立ち会いの元「バレンタインチョコ作り」をした方が何かと良いのでは?と考えてしまいます。

 

なぜチョコレート?

そもそも、バレンタインにチョコレートを渡すのはなぜなのでしょう?

バレンタインの由来についてはこちらをご覧くださいませ。


ヴァレンティヌスは獄中でも愛を伝え続けたことから、若い男性が自分の好きな女性に、愛の気持ちをつづった手紙を214日に出すようになりました。

これが徐々に世界中に広まって214日に愛を告白するカードを渡すようになったのです。

ここでは「チョコレートを渡す」という行為は存在しておりません。

チョコレートを渡すようになったのは・・、それも女性が男性に渡すのは日本特有の習慣なのです。

バレンタイン発祥の欧米では、そのような風習はなく「バレンタイン」といえばカードや花束を贈るのが一般的です。

1958年に行われたバレンタインセールで、チョコレート販売業社がキャンペーンを行ったことがきっかけでバレンタインにチョコレートを贈る習慣ができたのです。

(今のところ、バレンタインチョコの仕掛け人としてモロゾフ製菓さんが最有力だということ。ご存知でした?)

製菓商戦の戦略に上手くハマったのがバレンタインのチョコレートだったのです。

とはいえ、バレンタインのチョコレートは皆が楽しみにしているもの。

バレンタインチョコの特設コーナーに足を運ぶのも楽しみの一つとなっているので、ハッピーの元にはなっていますね。

 

なぜ友チョコ?

昭和の時代「友チョコ」などという言葉はありませんでしたね。

今のように女の子が団体でチョコレートを配り回るというような光景も見られませんでした。

しかし思い起こしてみると、仲の良いお友達にお気に入りのチョコレートをプレゼントしたり、交換し合うといったスモールイベントはあったように記憶しております。

ほんのごく一部でのことですが。。。

大々的ではなかったというだけで「友チョコ」の前進となるイベントは前々から存在していたのですよね。

「友チョコ」という言葉が使われるようになったのは、2006年頃、つい最近のことなのです。

この言葉が使われるようになってから「友チョコ作り」が盛んになり、安くて美味しいものを大量生産、もしくは購入する、たくさん配ってたくさんもらうというイベントに定着したのでしょう。

▶︎「バレンタインのガチチョコはパパにあげようと思う」 娘を持つパパに読んでほしい記事!!

 

バレンタイン 友チョコレシピ

小学生から大人まで食べれる、プレゼントできる簡単で大量生産できる「バレンタインのチョコレート菓子」手作りレシピ(基本的に混ぜるだけでできるもの)で美味しかったものをみなさまにご紹介したいと思います。

チョコレートナッツ ファッジ

平たくしても、キューブ状にしても、棒状にしても形は自由。

ワックスペーパーを使って可愛くラッピングすれば素敵なバレンタインチョコになりますよ。

材料
ダーク、ミルク、ブラックチョコレートなどを混ぜ合わせたもの:160g

ショートニング:大さじ1

お好みのナッツ類、マシュマロ、コーンフレークなども良いですよ。

チョコレートナッツ ファッジの作り方


ワックスペーパーセット 

 

ホワイトチョコレート キャラメルナッツ ファッジ

上記のものをアレンジすると、ちょっと贅沢で上品なバレンタインチョコになります。

214日という季節柄、ホワイトチョコレートも素敵ですよね。

材料
ホワイトチョコレートチップ240g

練乳:396g

バター:大さじ4

お好みのナッツ類:適量

作り方

基本的な作り方はチョコレートナッツ ファッジの作り方と同じですが、上部にキャラメルフレーバーソースをのせます。

もちろんキャラメルフレーバーソース無しでも大丈夫です。

 

チョコブラウニー

チョコスイーツ定番のブラウニーも材料を混ぜ合わせて焼くだけなので、大量生産には向いているバレンタインチョコだといえますよね。

細かくカットしてラッピングすれば素敵な友チョコに変身しますよ。

材料
メープルシロップ:78g

ヨーグルト:117g

ココナッツオイル:大さじ1

バニラエッセンス:小さじ1/2

薄力粉:84g

ココアパウダー:94g

ベーキングパウダー:小さじ1/2

チョコチップ:大さじ2

チョコブラウニーの作り方

 

チョコチップクッキー

嫌いだという人を知らないほど万人ウケするチョコチップクッキー。

大抵の女の子は大好きなのでバレンタインの友チョコにはぴったりのアイテムですね。

もちろん、大人の女性、男性にも喜ばれるスイーツです。

材料
有塩バター:225g

白い砂糖:195g

黒大糖1大さじ

メープルシロップ:小さじ2

バニラエッセンス」小さじ2

たまご:2

薄力粉:137.5g

ベーキングパウダー:小さじ1

塩:小さじ1/2

チョコレートを砕いたもの:板チョコ1

チョコチップクッキーの作り方

 

オレオチーズケーキ

バレンタインレシピに「オレオ」を使ったスイーツはたくさんありますが、こちらのレシピはとても美味でした。

大人向け友チョコにはぴったりのスイーツだと思います。

混ぜ合わせるだけで焼く手間もなく、おしゃれなラッピングでプレゼントするととても喜ばれます。

材料
オレオ:10

クリームチーズ :100g

生クリーム:100ml

砂糖:40g

レモン汁:小さじ1

バター:10g

オレオチーズケーキの作り方

 

キューブクッキー

「チョコレシピ」にはこだわらないという方は、このキューブクッキーもかわいくておすすめです。

簡単でコスパも良く、大量生産するにはもってこいのレシピです。

ココアパウダーを加えたり、最後にチョココーティングをしても素敵です。

材料
薄力粉:80g

砂糖:20g

サラダ油:20g

塩:ひとつまみ

バニラエッセンス(お好みで):適量

キューブクッキーの作り方

 

チョコタルト

ビスケットを砕いて作るタルト生地は簡単で食感が良くプレゼントにも喜ばれます。

チョコが濃厚なのでバレンタインの友チョコにはぴったりですよね。

材料

チョコレート:180

生クリーム(乳脂肪47%推奨):200cc

牛乳(低脂肪乳不可):50cc

たまご:1

ビスケット:120

バター:80g

チョコタルトの作り方

 

ガトーショコラ

子供さんが作るのであれば、このガトーショコラレシピがおすすめ。

コスパ良すぎで、とても簡単にできるので大量生産の友チョコには美味しく最適です。

材料
たまご:3個(2個)

板チョコ:3枚(2枚)

ガトーショコラの作り方

 

いかがでしたか?

チョコレートレシピで個人的にお気に入りレシピをご紹介させていただきました。

バレンタインの友チョコにもぴったりですが、ちょっとした贈り物などにも大変喜ばれるレシピばかりですので、バレンタインに関係なく楽しんでいただければ思います。

子供さんの大量生産友チョコ作りは大変ですが、子供さんと一緒に作るスイーツもなかなか楽しいものですよ。

良い機会ですので、準備から後片付けまで含めてママが直伝してあげると良いですね。

皆様のバレンタインデーが楽しい一日となりますように!!

・手作りのお菓子(スイーツ)を作ってみんなを喜ばせるって幸せ ~ おすすめ材料もご紹介

・バレンタイン大作戦 ~ 手作りディズニー ミッキーチョコレートでハピネスを届けたい!!

・ディズニー ホットドリンク ~ ミッキーマウスとミニーマウスのかわいいホットチョコレート

・簡単に作るミッキーシルエットチョコ|クリスマス バレンタイン お誕生日でも大人気

・驚愕の「杏仁豆腐」スイーツですっかり虜になりました!!

バレンタインの友チョコを簡単に おしゃれでかわいく大量生産できるレシピ!!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. アイロンビーズ アクアビーズの図案が無料スマホアプリで作れるなん…
  2. 岩渕真奈(いわぶちまな)選手 〜アルガルベカップ2018 なでし…
  3. 世界リレー2019【桐生祥秀選手】がアジア選手権からの勝利を運ぶ…
  4. 【いちご狩り】とてつもなく甘い苺「紅あやね」が食べられる【吉次園…
  5. 女子に圧倒的人気「スイーツデコ」〜 女の子向け無料図案 アイロン…
  6. 渋谷ハロウィン2018【攻略】〜渋谷区から異例メッセージ!!期間…
  7. 【東京ストロベリーパーク】一年中いちごが食べれるテーマパーク〜苺…
  8. LEGO(レゴ)は子供の能力を切り開く 〜 レゴ アイデア15選…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP