生活

意味のないイライラとイライラの原因になる「邪魔な髪の毛」 の対処法


スポンサーリンク


日々、懸命に暮らしていれば誰だって「イライラ」の一つや二つありますよね?

家事、子育て、仕事、人付き合い、どこにだって苛々の原因は潜んでいます。

加えて女性の場合は、邪魔な髪の毛がイライラの原因になることもありますね。

時には意味のなく「イライラ」したり、、

「なんだかいらいらする、、でも何に対してイライラしているのか自分でもわからない」

という経験はありませんか?

意味なくイライラしたり、原因不明の不安や緊張を感じることって、一体どういうことなのでしょう?

 

意味のないイライラ

人は誰でも苛々を感じることがあると思うのですが、それまで気にならなかったようなことが気になり、それが原因でイライラしたり、意味もなくイライラすることが多くなった・・・。

時には不安感や緊張感を感じ、さらに動悸、息苦しさ、不眠、疲れ、微熱、頭痛、便秘、下痢といった症状が見られたら注意が必要です。

自律神経のバランスを崩してしまっているかも知れません。

自律神経とは皆さんもご存知かと思いますが、心臓を動かす、食べたものを消化吸収する、血液を流す、尿や便をつくる、といったような、頭で意識してもできないようなことを担当して、私たちの健康状態を保っている仕組みのことです。

さらに自律神経には「交感神経と副交感神経」の2つが存在しています。

交感神経とは日中など、活動している時やストレスを感じている時に優位となります。

副交感神経とは夜など、体を回復している時やリラックスしている時に優位となります。

私たちの体は、この交感神経と副交感神経がバランスよく働いてくれることで健康を保っています。

しかし、現代のストレス社会。

それぞれがいろんな悩み、ストレスを抱えながら生活しています。

人間関係、仕事へのプレッシャー、家庭の悩み、将来への不安といった精神的なストレスや、毎日の長距離通勤、多忙な仕事、運動不足、睡眠不足、乱れた生活習慣などの身体的なストレスが原因となり、自律神経のバランスを崩してしまうのです。

自律神経のバランスが崩れると健康を保てなくなるため、もちろん体の不調も現れますがメンタル的にもダメージを受けてしまうのです。

このような理由により、意味もなくイライラしたり、小さなことに腹立たしさを感じて苛々を抑えることができず、怒鳴ってしまうことがあります。

「大丈夫! 自分はストレスなんて全く感じてないから」

と思っている方も安心はできませんよ。

自分が気づいていないだけで、意外にもストレスを溜めているのです。

・夜、寝る前までスマホを触ったり、テレビに釘付けになっている

・夜遅くまでパソコンを開き仕事をしている

・夜勤などで生活リズムがバラバラ

・不規則な食事(外食や買い弁が多い)

・睡眠時間が確保できていない

こんな生活環境から、知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまっているのです。

「ドキッ!」とされた方、いらっしゃいませんか?

 

更年期は特に注意

更年期障害では、女性ホルモンが変化することで自律神経もバランスを崩してしまうことが少なくありません。

この時期(4050代)は女性だけでなく、男性も自律神経のバランスが乱れてしまうことが多いそうです。

若い年代の頃とは状況が変わり

親の介護問題が浮上したり

子供の進学や就職、独立といった変化があったり

仕事上では責任あるポジションにいたり

様々な面において将来への不安を感じることがあり、日々ストレスを感じるとともに原因不明のイライラに襲われることも多くなります。

あまりにも症状が重く日常生活に支障があったり、心や体の不調を感じているようでしたら、一度専門医で受診されることをおすすめいたします。(緩和する薬の処方もあります)

自律神経バランスの乱れというのは「イライラ」に直結しているのですね。

これを防ぐためにも生活習慣の見直しというのは、とても大切なことになります。

バランス良く栄養が摂れていますか?

規則正しい食事ができていますか?

適度な運動ができていますか?

睡眠時間の確保はできていますか?

イライラ度が増しているなぁと感じる方は、今一度、毎日の生活習慣を見直してみて下さいね。

規則正しい生活が「イライラ」をなくす第一歩だと考えても良いでしょう。

お金をかけない簡単な「10のストレス解消法」

 

邪魔な髪もイライラのもと

家事をする時

仕事をする時

育児をする時

長い髪が邪魔になることありませんか?

顔に張り付いたり

下を向いた瞬間、パサッと落ちてきて口の中に入ったり、、、

汗を掻く時期などは「ウザい」という言葉がぴったり当てはまります。

女性がかなりイライラする原因の一つです。

そして、一度気になり始めるとゴムで結んでいても、束ねた髪が首に当たったり、下を向くと束のまま落ちてきたり、イライラが解消されないものなんです。

こうなると、作業効率が下がり、仕事が捗らないことに、またイライラして悪循環、、、

皆さんはこのような経験ありませんか?

また、どのような対処をされていますか?

 

邪魔な髪にイライラする時の対処法

イライラを解消して、気持ち良く作業や仕事に集中するために実践していることをご紹介します。

ヘアディップで固める


ギャツビー スタイリングジェル スーパーハード 

これから外せない仕事、絶対にやらなければならない作業がある時は髪全体をディップで固めます。(おしゃれなスタイリング剤では効果ありません。)

結ぶだけでは、うぶ毛のような柔らかい髪が顔に張り付くことがあり、それがイライラする原因となります。

そこで柔らかいうぶ毛もまとめてディップで固めて固定します。

フィギュアスケート選手のような髪型ですね。

しっかりと固めることで邪魔に感じることなく、仕事や作業に集中できますよ。

ディップはスーパーハードを使用しています。

おだんごヘアにする

ロングヘアになると、結んでいても邪魔に感じます。

すでに髪の毛でイライラしている場合は特に!

そこで、くるくる巻いて「おだんごヘア」にします。

髪が体に触れなくなると、少しずつイライラが解消されてきます。

短い髪やうぶ毛が気になる場合は、+ディップ。

イライラをなくし、仕事効率を上げるためにも完全固定しましょう。

ヘアピン使用

ディップヘアも時間が経過するとチラリチラリと垂れてきます。

長時間保持したい場合は「ディップ+ヘアピン」で対策します。

これは完璧を目指せる方法ですよ!!

 

ミディアム、ボブなどの場合は、ヘアバンドを活用すると良いかと思います。

もちろん、ヘアバンドに下は同じように「ディップ+ヘアピン」で対処します。

いい具合にヘアバンドで隠すことができるので、いい感じに仕上がります。

日常、邪魔な髪の毛でイライラしないために自分が実践しているヘアスタイルです。

仕事の際は、ほぼ100%

自分はうぶ毛や短い毛が人よりも多く、夏は汗によって顔に張り付き、冬は乾燥して静電気で張り付くという、家事や仕事にはとても不利な髪により、この対策法を実践しております。

ロングヘアだけではなく、ミディアム、ボブにも活かせる対処法だと思います。

家事中も、仕事中も、育児中も自分の髪の毛でイライラしたくなんかありませんよね。

がっつり髪を固めておくことで、イライラを事前に防ぐことができます。

おだんごヘアをディップで固めるヘアは、特に不自然なヘアスタイルでもないので、どんなシチュエーションでも大丈夫です。

買い物も、幼稚園のお迎えも、懇談会ヘ行くことも可能です。

もちろん、長い髪を短く切ることなく、ヘアアレンジを楽しむこともできますよね。

せっかく伸ばした長い髪を切ることなく、且つイライラとストレスを感じることなく過ごすには、スーパーハードタイプのディップとヘアピンがあれば完全対処できます。

ヘアアレンジ方法の参考に

➡️邪魔な髪の毛を簡単にまとめてしまう ヘアアレンジ ~ これで家事、育児、仕事に集中できる!!

➡️女の子のための プリンセス ヘア アレンジ~ ピアノ発表会や結婚式にも使える!!

➡️伸ばしかけの邪魔な前髪 我慢できる?〜 おしゃれに前髪を伸ばす方法

 

意味のないイライラとイライラの原因になる「邪魔な髪の毛」の対処法を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 「やる気が出ない」主婦にありがちな傾向と対策
  2. 「友達が少ない」ことはそうそう悪くないという話 〜 友達が多くな…
  3. 料理嫌いには理由がある 〜 考え方を変えて美味しい冷食をフル活用…
  4. 達成感を得るために「たった一人」でできる方法 〜 ブログが意外な…
  5. 女子力を上げるための方法 〜 年齢を重ねるほど美しい女性になるに…
  6. ハロー効果100%|芸能人ブログが私たちにもたらす影響
  7. スマホゲームにハマる理由とハマらないために必要な〇〇!!
  8. 夏休みの自由研究に悩んだら熊本大学工学部「夏休みの自由研究に関す…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

スポンサーリンク

PAGE TOP