生活

【大地震発生】余震の恐怖はいつまで続くのか?〜余震のメカニズムや被害、注意点!!


スポンサーリンク


201894日、台風21号(チェービー)の上陸により、関西地方では特に大きな被害を受け、今もなお多くに人々を苦しめています。

次ぐ2018963:08頃には、北海道で震度6強という大きな地震に見舞われました。

日本列島が自然災害の被害を受けることになり、大変胸が痛みます。

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

また、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

関連記事:地震の際の「デマ情報」には注意して!!~SNSを使わずに情報を得る手段




最大震度6強 北海道地震

9638分頃、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、北海道で最大震度6強を観測しました。

この地震による津波の心配はないということです。

震源地は、北海道胆振地方中東部(北緯 42.7度、東経 142.0度)で、震源の深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は6.7と推定されており、震度3を観測された地域には、青森、岩手、宮城などまで。

北海道電力によると、この地震により、道内のすべての火力発電所が停止し、道内全戸の約295万戸が停電しているとのこと。

午前821分現在、電力復旧のめどはたっていないそうです。

JR北海道は6日朝の始発から全線で運転を見合わせた。復旧のめどはたっていない。

札幌市営地下鉄と市電も停電のため、始発から運転を見合わせている。

新千歳空港は午前540分現在、全館で停電している。旅客ターミナルビルで水漏れが発生し、受付カウンターの一部が破損している。

ライフラインが止まることで大変、恐ろしい思いをされていることと想像します。

大きな地震が発生しますと、その後「余震」が続くため、引き続き、細心の注意が必要です。

皆様、どうぞ安全な場所に避難されていただくことを願うばかりです。

本震はもちろんですが、大地震後は「余震」も、物理的に、精神的に大きな被害をもたらします。

関連記事:【北海道地震】を受け防災品を見直す~水、トイレ、多機能ラジオ、ライトなどの必要性を【熊本地震】で実感

 

新たな災害に警戒

2018年09月06日(10:45)には、このような警戒発表もありました。

6日の北海道は、上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定になっています。

日本海側を中心に、所々でにわか雨となっていて、今朝は函館付近の一部に雷雲もみられました。このあと、午後6時ごろまでは、局地的に強い雨や落雷、突風の恐れがあります。

また、7日の夕方から8日の午前中は、さらに広い範囲で雨が降る見通しです。

台風接近直後の大規模な地震で、あちらこちらで地盤が緩んだり、がれきが散乱したりしていると思いますが、新たな災害にも警戒が必要です。

tenki.jp

大変な時かと存じますが、どうぞ重ねて細心のご注意を!!

 

余震とは

大地震の後に続いておこる小さな地震(揺れ)のことを言います。

余震の恐ろしさは、一度は二度ではなく、何度も何度も揺れを繰り返すことです。

2011年の東北地方太平洋沖地震では、10.000回を超えています。

また、2016年の熊本地震では4.284回の余震が起きています。

本震直後の余震においては、日に100回以上、東日本大震災ではカウント困難だったとされています。(600回以上)

恐怖に慄く被災者にとって、余震はさらに恐怖を煽るものであります。

 

時間とともに少なくなっていく
余震は地震直後が特に多いと言われています。

10日目に1/10100日目に1/100といった具合で、一般的に本震のマグニチュードが大きいと余震がおさまるまでの期間が長いとされています。(熊本地震では4ヶ月経っても日に15回、東日本では100回近くの余震が計測されています。)

 

大きな地震では、余震も大きいことが考えられる
最大余震のマグニチュードは本震よりも「1」小さいとされます。

ということは、本震が大きければ大きいほど、その最大余震も大きく、体感としては「余震」と感じられないのです。

震度6強の本震があったということは、単純に考えて最大余震が震度5強ということになります。

これは、恐怖を感じる人にとって「余震」と思えるレベルではありませんよね。

2003年に起きた十勝沖地震は、本震がマグニチュード8.0、約1時間後の最大余震はマグニチュード7.1あったといいます。

いずれにせよ、本震を体験している被災者にとって余震は恐怖そのものでしかないということです。

 

余震はなぜ起きる?

地表の活断層が少しずつ動き、歪みが生じます。


(きれいとは言えない画像で申し訳ありません。)

 

この歪みに耐えられなくなった部分が割れて、大きな力が加わることで地震(揺れ)が起こります。

歪みに耐えきれず割れた部分が震源域となります。

地震により、震源域を中心に歪みは解消されるものの、その周辺ではまだまだ歪みが残っているのです。

それらの歪みをもとに戻すために動くことで「余震」が発生するとされています。

 

余震による被害(災害)

大地震発生後、復旧の目処がたっても余震による被害に十分気をつけなければいけません。

1983年に起きた日本海中部地震では、本震の26日後に発生した最大余震により、北海道や東北地方の日本海側に最大40cmを超える津波が押し寄せました。

大地震に関しては、余震は本震と変わらぬ注意が必要だと考えられます。

繰り返しますが、余震は地震の大きさによっておさまる期間が異なりますが、実体験から震度6以上の地震では3ヶ月は続くのではないかと考えられます。

被災した建物には耐久性が落ちている物件も多数あり、余震が続くことで(何度も揺れることで)、損壊や倒壊の危険があるのです。

また、余震が続くことで被災者は不眠症や地震酔い、精神的なストレスに悩まされ、健康状態が悪化することも考えられます。

熊本地震で犠牲になられた「関連死」と認定された原因は、そのほとんどが地震への恐怖による肉体的・精神的負担でした。

大地震(余震含む)がもたらす「恐怖」は計り知れないものです。

関連記事:液状化現象「再発防止策」事業化なる?~熊本地震から2年半、北海道地震でも深刻な問題となる 

余震がおさまるまで気をつけること

大きな地震が来ないとも限らないので、防災グッズを確認、身近に置き、すぐに避難できるようにする。
(家族がバラバラになっている場合は、避難場所を確認しておくこと)

傾いた家屋やブロック塀、崖や裏山などに不用意に近づかない。
(突然、屋根が崩れたり、ブロックが倒れてくることがあるため近づかない。)

修理、掃除など気になることも多いですが、余震活動が活発な時は待ちましょう。

家の中では家具、家電品などが傾いていないか、また家具の固定を行う

壊れた家屋などで救命・救助活動を行う際にも、余震が発生した場合はすぐに避難できるようにするなどの注意を忘れずに。

様々な情報が飛び交うため、間違った情報に惑わされないようにしましょう。
(県や市、テレビやラジオのニュースを入手するように心がけると良いです。)

 

余震による恐怖が、被災者の皆様にさらなる不安を与えます。

できるだけ、ご近所の方と寄り添い、多くの方と避難をされてください。

また、避難所に行けば支援物資も届けられますので、生活に不安を感じることがあれば、すぐに避難所を利用されると良いです。

余震が続く中、不安いっぱいで自宅に留まることは多大なストレスを感じますので、どうぞ我慢されないでください。

被災者の皆様にお見舞い申し上げるとともに、被災地の一刻も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

・地震後の子供たちが気になる~不安な心をどうケアしたらいいの?

・被災(地震、水害)してやらなければいけないこと、必要なもの~被災された方、親戚、知人、支援される方にも読んで欲しい!

・ハワイ島【キラウエア火山】の活動がますます活発に~噴火によるハワイ旅行への影響は?キャンセルが必要?

・ツイッターパスワード変更方法は簡単、今すぐに!!~米Twitterがパスワード変更を呼びかけ

・トイレの音漏れが気になる~iPhone【無料消音アプリ】の特徴、入手方法から使い方まで~簡単操作が嬉しい!

・体の疲れ 心の疲れがたまる前に自分でできる回復法

・「やる気」と「行動力」を高める方法~ミネラル摂取してフットワークを軽くしよう

 

【大地震発生】余震の恐怖はいつまで続くのか?~余震のメカニズムや被害、注意点!!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 「肉を食べる」「肉を食べない」効果的なダイエットはどちら?
  2. 家事が面倒な主婦におすすめのスペシャル時短術
  3. 【中田久美監督】伝説の名セッターと言われる理由〜ケガ、激痩せ、離…
  4. 古くて寒い木造一戸建てでの防寒対策 「これでもかーっ」というくら…
  5. 「簡単 時短 安い」料理を実現させるために 〜 お弁当から夕飯ま…
  6. 「楽天」から身に覚えのないメールが届いたら?〜やってはいけないこ…
  7. [2018年]気になる「梅雨入り」はいつ頃?そもそも梅雨入りの基…
  8. 大量の洗濯物を干す時におすすめのもの〜ニトリで買った〇〇は梅雨対…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP