サイト運営

wpxクラウドへのサーバー移転は初心者でも簡単にできる 〜 方法や手順


スポンサードリンク


ワードプレス(WordPress)でブログを運営されている方で、サーバーの移転を考えている方がいらっしゃると思います。

しかし、WordPressを設置するだけで一苦労も二苦労もしてやっと完成させたブログ。

アクセスも増え、やっと軌道に乗ってきてホッと一安心しているのに「これ以上難しいことは自分にはできない」とサーバーの引越しを諦めている方も多いのではないでしょうか?

サーバー移転を躊躇される方のために、初心者の自分にできたエックスサーバーさんのwpxクラウドへの移管作業についてまとめてみました。

ワードプレス(WordPress)

無料ブログや無料サーバーでホームページやブログを運営されている方も多いことだと思います。

自分も無料ブログや無料サーバーをしっかりと使っていた者の一人です。

なぜ、有料でレンタルサーバーを借りてまでワードプレス(WordPress)に移行したかといえば「信頼している方に勧められたから」という単純な理由です。

仕事絡みのホームページが必要だったため「必ずあなたの財産になるから」と強く勧められました。

そもそも、ネットの仕組みもよく分からないままチャレンジ精神だけで取り組んだのがこのワードプレス(WordPress)です。



初めは何がなんだか訳分からず、真っ青になった記憶があります。

テーマ? プラグイン? カスタマイズ? 何それ? の世界でしたからね。

しかし「何それ?」が、まさにワードプレス(WordPress)のメリットでもあるのです。

テーマ

テンプレートのことで無料から有料のものまで数えきれない種類の「テーマ」があります。

設定一つでできるので初心者でもかっこいいブログを作ることができるのです。

プラグイン

セキュリティー対策、メールフォーム作成、サイトマップ作成などの機能を自由に追加することができます。

無料から有料のものまでありますが、自分は全て無料プラグインですが全然快適ですよ。

カスタマイズ自由自在

ワードプレス(WordPress)は自由にカスタマイズできるのでホームページにもブログにもできるという自由さ。

自分は両方利用させていただいております。

SEOに有利

ワードプレス(WordPress)はSEOに強いと言われていますが、これは使い方次第、記事次第とも言えるので難しいところですね。

このようにワードプレスを使うメリットはたくさんあり、使っていくうちにそのメリットが納得できるといったところでしょう。

何事もチャレンジしてみなければ分からないことがたくさんありますのでね。

なぜ、サーバーを移転する?

このようにようやくワードプレス(WordPress)のことがわかり始めて軌道に乗ってきたところで、わざわざサーバーを引っ越す理由は何なのでしょう?

ワードプレス(WordPress)を始める時点でわからないことだらけで始めたからなんです。

サーバーを引っ越す場合の理由は人それぞれだと考えますが、他のサーバーの月額が安くなったり、アクセス数に安心して対応できる、機能が充実しているなど、使い慣れてくると様々な問題点が見えてくると思います。

その状況に合わせてより使いやすいサーバーへの引越しを考えることになるケースがほとんど。

また、現在使っているサーバーが頻繁にダウンしたり、表示が遅いなどといったトラブルにもサーバー引越しを考えることがあります。

要するに、自分の持つサイトを快適に運営するために引越しするという訳です。

自分の場合はブログ運営に関してお世話になる方からのオススメで決断しました。

ブログでアクセスを増やしたい方は成果確実 ~ 本気でおすすめしたいこと

 

wpxクラウドへの移転

アクセス数がさらに向上することを願い、その時の対応のためにサーバー移転を決意しました。

有名なブロガーさんたちも利用されているXサーバーさんですが、初心者の自分がどのサーバーでも使いこなせるわけではなく、新しいサーバーとして選んだのが

簡単にWordPressのセキュリティを向上させる機能や、安全なシステム構成、迅速なセキュリティ対策が可能な運営体制など、知識が少ない初心者の方でも、容易に高セキュリティ環境が実現出来るサービスを提供してくれるという「wpXクラウド」です。

wpxクラウドはWordPressサイトの規模やアクセス状況等に合わせて、7段階のリソース拡張が可能なので将来への不安も解消されますね。

グレードAの容量10GBですと費用は「月額 /500円」、お試しと思って始められても元を取れるお値段だと思います。

説明にもあるように、容量が不足したら7段階のグレードを上げていくことも可能ですのでアクセスアップにも十分対応できます。

何と言っても無料お試し14日間サービス付きなので、この期間に腕試しをして決めれるのが嬉しい!!

wpXカスタマーサポートでもしっかりと丁寧親切に対応していただけるので、初心者にもわかりやすくサーバー移管作業ができると思いますので初心者の方にほどおすすめできるサーバーです。

自分も大変おせわになりました。

wpxクラウドへの移転方法(初心者向け)

初心者の自分が行ったwpxクラウドへの引越し作業の手順をご紹介させていただきます。

あくまでも自分が行った簡単な方法であり、もっとハイグレードな移転方法があることをご了承くださいませ。

wpxクラウドさんでの申し込み

「wpXクラウド」で「新規お申し込みをする」というオレンジのボタンをクリックして必要事項を入力し、サーバーアカウントの申請をします。

申請後は、案内に従って管理画面の操作を行ってください。

現在のワードプレス(WordPress)での作業

ワードプレス(WordPress)ホーム画面の左側に「ツール」という文字があるので、その文字にカーソルを当てると「インポート」「エクスポート」という文字が表示されます。

表示された文字の中から「エクスポート」を選んでクリックします。

 

エクスポートする内容を選択から画像のように「すべてのコンテンツ」にチェックを入れ「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックします。

現在収められているワードプレス(WordPress)記事が全てダウンロードされますので、ダウンロードしたファイルを自分がわかる場所に保管してください。(デスクトップ上に置いておくのがおすすめです)

注意点として、容量(記事数や画像数)が少ない場合はこれで全てダウンロードできるのですが多い場合は画像(メディア)のダウンロードが全て行えません。

そのため、画像(メディア)を別途、FTPソフトを使ってダウンロードをしなければいけないのです。

容量が多い場合の作業

自分は初心者向けの「Cyberduck(サイバーダック)」という無料ソフトを使いました。

Cyberduck(サイバーダック)はこちらでガウンロードできます。

インストールが終わったら

サーバ:FTPサーバ名(FTPホスト名)を入力します。

ユーザ名:FTPユーザ名(FTPアカウント名)を入力します。

パスワード:FTPパスワードを入力します。

/wp-content/uploads/

wp-contentにある「uploeds」というフォルダに画像が入っていますので、フォルダごとダウンロードしてエクスポートしたファイルと同じ場所に保管しておきます。

 

ドメインネームサーバー変更

Xserverさん以外でドメイン登録をされている方は、ドメインのネームサーバーを変更します。

ドメイン取得しているサイトにて「ネームサーバー変更」を行ってください。

どこのサイトでも「ネームサーバー変更」でサイト内検索をしていただければ、方法が記載されています。

もし読んでも方法がわからない場合は「サポート」をご利用ください。

ネームサーバー変更が終了したら、一度wpxクラウドの管理画面に戻ります。

管理パネルの「ドメイン追加設定」から認証を行ってください。

wpxクラウドで「このドメインを使います」という申請ですね。

ネームサーバーの変更 〜 初心者でも簡単にできる設定方法「お名前ドットコム」

 

WordPress設定

ドメイン変更が終わったら、wpxクラウド管理パネルの「WordPress設定」をクリック。

WordPressの新規インストールを行ってください。

インストール後、新しいワードプレスが反映されるまで早くて15分、使用環境によっては24時間内での反映となるため、ひたすら待つことが必要です。

自分はここで「15分」と思い込んで操作を行ったために新規インストールに失敗して大変なことになりました。(15分では終了していなかったのです)

新しい画面が表示されるまでは管理画面へのアクセスは控えましょう。

ここがうまく移行できるか、できないかの大きな鍵を握るポイントです!!

サイトURLへアクセスして、新規サイトが表示されれば、管理画面へのアクセスOKです。

新規ワードプレス(WordPress)管理画面へ

新しいユーザー名とパスワードで新規ワードプレス(WordPress)管理画面へ入室します。

そして、先ほど古いワードプレス(WordPress)で「エクスポート」したファイルを「インポート」します。

先ほどと同じように「ツール」にカーソルをあて「インポート」の文字をクリックしてください。

すると、このような画面が表示されます。

インポートをクリック→Wordpress「インポーターの実行」をクリックしてください。

これで、ファイルの引越しが無事に行われているはずです。

wpxクラウドに画像をアップロードする場合

Cyberduck(サイバーダック)でダウンロードした画像を、wpxクラウドのサーバーにアップロードします。

Cyberduck(サイバーダック)を使用する場合、忘れてはいけないのがプロコトルの設定です。

必ず、プロトコル 「FTP-SSLExplicit AUTH TLS)」を選択してください。

FTPサーバー名 サーバーID.wp-x.jp と入力してください。

例)xsample.wp-x.jp

FTPユーザー名 対象のWordPressの「ドメイン名(※サブドメイン含む)」を入力してください。

FTPパスワード FTPアカウント設定完了時に表示されたパスワード

(パスワードを変更された場合は変更後のパスワードを入力してください。)

ホスト初期フォルダ 空白(設定なし)

↑ユーザー名、パスワード等は、wpx管理画面にはいれば確認できますよ!

アクセスすると「uploads」という同じ名称のフォルダがありますので、そこに入れ込んでください。

画像を一つずつアップロードするのは大変なので、新しいサイトにあるフォルダに「uploadsold」などと違う名前をつけて、フォルダごとアップロードすると簡単に済みます。

これでサーバーの引越しは終了です。

ザザーッとご説明しましたが、おわかりいただけたでしょうか?

ここまでの作業が終わったら、あとはいつものようにワードプレス(WordPress)管理画面上で細かい設定を行うことができます。

ここから先は、これまでやってきたことなので簡単なことですね。

ワードプレス(WordPress)初心者にとって、サーバー移管作業は大きな壁であり、困難極める作業です。

もちろん有料で代行作業を行えば簡単にできますが、それではいつまでたっても自分で自在にワードプレス(WordPress)を使いこなすことができません。

大切なご自分のブログですから、意を決して、どうぞチャレンジしてみてください!!

初心者の自分にもどうにかできましたので、wpXカスタマーサポートさんのお力を借りれば十分にできる作業だと思います。

この記事がwpxクラウドへの移転を考えている方々の参考になれば幸いです。

 

⏩主婦だって副業で収入が増やせる 〜 「お金がない」「働けない」と嘆く前にチャレンジしてみよう!

⏩お小遣い稼ぎできる主婦は楽天アフィリエイトを利用するというお話

 

wpxクラウドへのサーバー移転は初心者でも簡単にできる ~ 方法や手順を最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク


関連記事

  1. ブログでアクセスを増やしたい方は成果確実 〜 本気でおすすめした…
  2. ネームサーバーの変更 〜 初心者でも簡単にできる設定方法「お名前…
  3. 表示速度を上げるWordPressプラグイン「Head Clea…
  4. 「読まれるブログ」を育てたいと思ったら何をすべき?〜 ブログ運営…
  5. 「常時SSL化」が意外にも簡単にできた 〜 Web初心者に神対応…
  6. 簡単に目次が作れるWordPressプラグイン「Table of…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP