楽しみ

【ムーミンテーマパーク】2つのエリア気になる情報〜開園日、入場料、チケット購入方法、アクセス方法など〜駐車場は予約がおすすめ!!


スポンサーリンク


フィンランドの人気キャラクター「ムーミン」は日本でも大人気。

ムーミンファミリーを描いた雑貨も数多く販売されているほど。٩(ω’ )و

そんなムーミンのテーマパークが建設されていることをご存じですか?

 

【ムーミンテーマパーク】 Metsä(メッツア)

その【ムーミンテーマパーク】は、入場料無料・有料の2つのエリアに分かれているんです。

メッツァビレッジ(入場料無料)、ムーミンバレーパーク(有料)の開業日が決定し、ますます盛り上がりを見せています。

なんてったって、世界で2番目のムーミンテーマパークですからね。

もちろん1番目は「フィンランド」です。

世界で2番目のムーミンテーマパーク Metsä(メッツア) について、ご紹介したいと思います。

 

【ムーミンテーマパーク】 Metsä(メッツア)

Metsä(メッツア) は、森と湖の国フィンランドの雰囲気そのままに、東京都市圏である飯能市「宮沢湖畔」にオープン予定のムーミンテーマパークです。

Metsa(メッツァ)は湖を挟んでメッツァビレッジとムーミンバレーパークの2つに分かれるのですが、

メッツァビレッジは入場料無料、ムーミンバレーパークは有料エリアとなります。

 

メッツァビレッジ

2018119日(日)

埼玉県飯能市宮沢湖周辺に、北欧のライフスタイルが体験できる「メッツァビレッジ」がオープンします。

なんと、驚くことにメッツァビレッジの入場料は無料なんですね。٩(ω’ )و

こちらでは、新鮮な地元野菜や北欧雑貨などを購入できるマーケットやショップ、レストラン・カフェ施設、ワークショップ施設を楽しむことができます。

 

メッツァビレッジ施設

マーケットホール
1階は地域商材、2階は北欧ブランドを展開する複数のテナントが集合します。

ヴァイキングホール
文字通り、美味しい飲食店が並ぶ二階建ての施設です。

ノルディック スクエア(パブリックスペース)
季節毎のイベントや地域と連携したイベントなどが開催される予定。

小さなお子様連れには嬉しいスペースです。

メッツァホール
地域イベントや貸切パーティーなどを計画することができるため、ウェディングも可能かも知れませんね。

ピー アパートメント
手作りグッズが揃う場所です。

ライトゥリ
自身で製作したカヌーやレンタルボートで、豊かな自然に囲まれた湖面の散歩を楽しむことができます。素敵(*≧∀≦*)

 

もちろん、クリスマスイルミネーションも楽しめますよね。٩( ‘ω’ )و

 

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパークは、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテイメントやグリーティング、物語の中で登場する水浴び小屋、灯台、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの思いを感じることができる展示施設など、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間であり、訪れた皆さんが新しい発見に出会うことができる場所です。

また、世界最大級の品揃えとなるムーミンのギフトショップでは、ここでしか買うことのできない多くのオリジナルグッズが並び、レストランでは、地元の食材を使った北欧とムーミンの世界観を融合したオリジナルメニューを楽しむことができます。

 

ムーミンバレーパーク MOOMIN VALLEY-PARK-施設

コケムス
「コケムス」は、フィンランド語で「体験」を意味するそう。٩(ω’ )و

原作者であり、誰よりもムーミンを愛すトーベ・ヤンソンの人生とムーミン作品を織り交ぜ、パークに訪れた方ひとりひとりが追体験をしながらムーミンの物語をさらに知ることができる施設となっています。

8m超のムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドのヘルシンキ・アート・ミュージアムからのアート作品あり。

ジップライン
おさびし山の頂上からスタートするジップラインのアトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」

「たのしいムーミン一家」に登場する「飛行おに」という黒ヒョウに乗って、ルビーの王様を求め、森の中、湖の上を風を感じながら楽しむことができます。

おさびし山
「ムーミン谷の仲間たち」より「しずかなのが好きなヘムレンさん」のストーリーをモチーフにしたアスレチック・ツリーハウスです。楽しそう٩(ω’ )و

写真スタジオ
プロのカメラマンによる撮影サービスがあり、キャラクターコスチュームのキャラクターたちととっておきの写真を記念に残酢ことができますよ!!

 

詳細情報

所在地:357-0001 埼玉県飯能市宮沢431−3−58(建設中)

 

開園日:2019316日(日)予定

入園料

おとな(中学生以上):1,500円(税込)

こども(4歳以上小学生以下):1,000円(税込)

3歳以下は無料です。

 

チケット購入方法

20191月中旬より、公式WEBサイトにて販売開始予定です。

公式WEBサイトはこちら

尚、オープン以降(2019316~)は、ムーミンバレーパーク現地での当日券も販売されます。

 

アクセス

車でアクセスの場合

狭山日高ICから約15分

 

駐車場(有料)について

車でアクセスされる方には嬉しく、ムーミンバレーパークでは、駐車方法を選ぶことができるんです。٩(ω’ )و

予約なし(時間貸し)

平日:600/1h1.200/2h1.800/3h

土日祝:1.000/1h2.000/2h3.000/3h

短時間滞在の場合には便利ですが、予約を含み満車の場合には利用できませんのでご注意ください。

 

事前予約

平日:1.500

土日祝:2.500

時間貸しに比べると、かなり割高ではありますが確実に駐車スペースが確保できるというメリットがあります。

遠方からのアクセス、混雑する日祝日の駐車は、断然「事前予約」がおすすめです!!

事前予約はこちらから

 

電車でのアクセス

池袋駅~約50分 乗換:0

池袋駅:西武池袋線(約50分)飯能駅
(特急レッドアロー号を利用すると約40分)

 

東京駅~約70分 乗換:1

東京駅:東京メトロ丸ノ内線(約15分)池袋駅:西武池袋線(約50分)飯能駅
(特急レッドアロー号を利用すると約40分)

 

八王子駅~約35分 乗換:0

八王子駅:JR八高線(約35分)東飯能

 

川越駅~約25分 乗換:0

川越駅:JR川越線・JR八高線(約25分)東飯能

 

横浜駅~約90分 乗換:0

横浜駅:東急東横線・東京メトロ副都心線・西武有楽町線・西武池袋線(約90分)飯能駅

 

バスでのアクセス

飯能駅から乗車の場合

西武池袋線 「飯能駅北口」1番乗場
「メッツァ」行き直行バス(国際興業・西武バス運行)
「メッツァ経由武蔵高萩駅」行き路線バス(イーグルバス運行)
メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)にて下車(所要時間約13分)

時刻表

 

東飯能駅から乗車の場合

JR八高線「東飯能駅東口」2番乗場

「メッツァ」行き直行バス(国際興業、西武バス運行)

メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)にて下車(所要時間約12分)

(東飯能駅からメッツァへの運行は土日祝日のみ)
時刻表

 

メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)バス停から徒歩約4

正式に「ムーミンテーマパーク Metsä(メッツア) 」が開園したら、シャトルバスの運行などの情報があるかも知れませんね。

こちらも、わかり次第追加記載させていただきます。

 

遠方からのアクセスについては

楽天トラベルさん

Yahoo!トラベルさん

などでお得なパックツアーなどが企画されると思いますので、ぜひ利用されると良いですね。٩(ω’ )و

 

ムーミン好きなプレママには・・

これからママになる方には、ムーミンのマタニティーグッズを揃えられるチャンスも!!

しかも、ムーミンの故郷、本場フィンランドから直接送られてくるのです。嬉しいサービスですよね。

→ムーミン好きにはたまらなないマタニティーグッズ、ぜひご覧になってみてください。


 

ムーミンについて

皆様もよく知っての通り、フィンランドの作家「トーベ・ヤンソン」氏の描いた小説と絵本です。

ね~えムーミン! こっち向いて!! 小さい頃からムーミンのテレビアニメを観て育ちました。

トーベ・ヤンソン
トーベ・ヤンソンは作家でもあり、画家でもありました。

スウェーデン系フィンランド人「彫刻家の父ヴィクトル・ヤンソン」

スウェーデン人「画家の母シグネ・ハンマルステン・ヤンソン」の長女として生まれたのです。

生まれた時から、どちらの素質も持ち合わせていたのでしょうね。

ストックホルムの工芸専門学校、ヘルシンキの芸術大学、パリの美術学校などへ通って自己研鑽に励みました。

実は、私たちが知るムーミン、小説になる以前から「ガルム」誌に挿絵として登場していたのです。

トーベ・ヤンソンは一般向けの小説も多く執筆しており、祖国フィンランドでは画家としても高い評価を得ています。

小説になったのは1945年のこと。

スウェーデン語で著された「小さなトロールと大きな洪水」で、その後ムーミン・シリーズとして知られる9作品に登場することとなります。

小さなトロールと大きな洪水

トロールとは、北欧の国、特にノルウェーの伝承に登場する妖精の一種ですが、ムーミンに登場するトロールは、全てトーベ・ヤンソンがオリジナルで描いた架空のいきものです。

だって、かわいいもの~(*≧∀≦*)

一般的に知られるトロールは、巨大、醜悪な姿で凶暴なイメージですよね。

 

ムーミンシリーズ9作品

小さなトロールと大きな洪水:1945

ムーミン谷の彗星:1946

たのしいムーミン一家:1948

ムーミンパパの思い出:1950

ムーミン谷の夏まつり:1954

ムーミン谷の冬:1957

ムーミン谷の仲間たち:1962

ムーミンパパ海へ行く:1965

ムーミン谷の十一月:1970

皆さんのお気に入り作品はどの作品でしょうか?

2017年冬には、ムーミンのパペットアニメーション「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」が公開され、話題になりました。

ムーミン谷とウィンターワンダーランド

 

ムーミンについて知れば知るほど、ムーミンテーマパークの開園が楽しみですね。٩( ‘ω’ )و

2018年秋(メッツァビレッジ)、2019年春(ムーミンバレーパーク)に開園予定、

【ムーミンテーマパーク】 Metsä(メッツア)のご紹介でした!!

 

 

・ムーミン好きは見逃せない!!限定発売のウェットティッシュ

・東京ディズニーランドに遠方から年数回行けてしまうお得な攻略法!

・【東京ストロベリーパーク】一年中いちごが食べれるテーマパーク~苺品種、料金、アクセス方法やビュッフェなど。

・大井川鐵道 トーマス号 2018年も運行するよ ~ チケット 料金 予約方法など

・【御船町恐竜博物館】と【わくわく恐竜ランド】2018年~日程や詳細、交通アクセス方法、おまけおすすめスイーツ

 

 

【ムーミンテーマパーク】2つのエリア気になる情報~開園日、入場料、チケット購入方法、アクセス方法など~駐車場は予約がおすすめ!!などを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 遠方から東京ディズニーシーへの日帰り旅行 〜 ひとり旅で誕生日を…
  2. 八景島シーパラダイス【攻略法】初めてでも失敗しないために知ってお…
  3. 【東京ストロベリーパーク】一年中いちごが食べれるテーマパーク〜苺…
  4. 2018年冬休みの映画情報 〜 子供と一緒に観るおすすめ映画とチ…
  5. ピアノ発表会に華やかさを添えるヘアアクセサリー 〜「カチューシャ…
  6. 竹内智香(たけうちともか)さん 〜 平昌オリンピックで人生最高の…
  7. 新「大晦日の過ごし方」アウトレットで心身ともにリフレッシュ!
  8. 潮干狩り道具【ジョレン】を知ってる?〜禁止事項と守れなかった場合…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP