生活

紫外線は冬も大敵 〜 紫外線対策が大切な理由と保湿に気を使いたい理由


スポンサードリンク


ジリジリ焼けるような暑さの夏からだんだんと涼しくなる秋、そして冬。

紫外線から肌を守ることに少し気が緩んでしまうのではないでしょうか?

確かに秋冬より、真夏の方が紫外線対策をうたっているスキンケアアイテムが多いのは事実です。

しかし、寒くなっても真夏と同じくらい紫外線によるダメージは大きいのです。

どうぞ、紫外線対策に気をぬくことがないようにご注意ください。

紫外線の種類

紫外線と一口に言っても、その紫外線にも種類があることを皆さんはご存知ですか?

それは、波長の長い「UVA波」と、波長の短い「UVB波」と言われるものです。



真夏の日焼けのように肌が赤くなり急激に焼けるのは波長の短いUVB波です。

冬になるとこのUVB波は真夏の1/4程度、UVA波も1/3程度と少なくなるようです。

しかし、紫外線量が少なくなったからとここで安心してはまずいことになってしまいます。

UVA波というのは、雲やガラスなどを通り抜ける特徴を持つ上に、お肌の表面にメラニンを増やすだけではなく、真皮層まで届いて弾力繊維にダメージを与えるのです。

どういうことかわかりやすくいいますと、冬に30分日差しを浴びれば、夏に10分日差しを浴びたのと同じくらいのUVA波を浴びることになります。

考えるとゾッとしますね。

紫外線は夏だけではなく、冬にも強い威力を持っているのです。

寒くなってお日様も和らいだから~と油断していると、とんでもないことになってしまうのです。

 

冬の紫外線対策

日焼け止めクリーム(UV対策)

基本的には夏の紫外線対策と変わりないと思っていただいて良いでしょう。

ただ、紫外線の量は減っているため強固にする必要はないと考えます。

夏と同じく、外出の際は「日焼け止めクリーム」を忘れないということですね。

乾燥対策も忘れずに

冬は空気が乾燥するので、当然お肌も乾燥しがちですよね。

肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、考え方によっては夏よりも紫外線の影響を受けやすいと言えます。

また、紫外線そのものに水分の蒸発を促す働きがあるので、紫外線に当たることでより乾燥肌を作りやすくなってしまいます。

日焼け止めクリームを塗る前の保湿ケアをしっかりと行いたいですね。

ディズニーで日焼け止め対策|コーセー「サンカット(R)」から新商品発売!!

冬のスポーツを楽しむ方は

雪の上でウィンタースポーツを楽しまれる方も多いのではないかと思います。

日差しによる紫外線はもちろんですが、雪の上では反射しての紫外線も受けやすくなります。

冬のスポーツを楽しむ場合は夏同様、SPF値やPA値が高い日焼け止めクリームの使用をおすすめいたします。

紫外線グッズ

夏同様、紫外線による疲れも生じます。

紫外線を浴びると疲れるのはなぜ? ~ 疲れの原因と対策!!

「疲れ」をケアする意味で、帽子や日傘、サングラスなどを使用することも有効だと感じます。

また、ビタミンCやミネラルを十分に摂取することも大切です。

これは紫外線による疲れを軽減するとともに、風邪予防としても重要な要素となります。

 

保湿ケア

冬場はお肌の乾燥を防ぐために「保湿」には十分気をつけていらっしゃると思いますが、単に空気の乾燥から防ぐための保湿だけではなく、実は紫外線による乾燥をケアするためでもあるということがお分かり頂けたのではないでしょうか?

お肌のしわ、くすみ、乾燥によるざらつきなどの肌トラブルを起こさないために化粧水、乳液、美容液などで保湿には十分気を配ることが必要です。(夏の紫外線ケアと同じことですね)

紫外線による悪影響を知ったらなおさらのこと、保湿効果のあるシートパックなども併用しつつ、乾燥しないお肌作りをしなければいけませんね。

紫外線からの刺激を考慮したカカオ美容液はおすすめですよ。

カカオエキスが酸化を抑え、ポリフェノールが肌を引き締め、肌にハリを与えてくれます。

また、温泉に含まれるたっぷりの天然ミネラルが紫外線等のダメージを受けた肌に潤いを与え、しっかりと保湿してくれます。

美容液ですから肌の「ターンオーバー」もしっかりと考慮されていますよ。

その秘密はりんご果実培養細胞エキスが配合されているからなんです。

りんごと聞くだけで「ビタミンC=お肌に良い」というイメージですが、その通りでりんごに含まれる「酸化型ビタミン」は熱に強く、しっかり吸収される特別な成分なのです。

NO NAME(ノーネーム)カカオ美容液、気になる方はどうぞ詳細をご覧になってくださいね。

初めての方はお得価格で購入することができます。

保湿成分が42%も配合されている美容液ですから、試してみるだけでも価値のあるものだと感じますよ。おすすめです!!

とにかく「お肌の健康」には保湿は必須です。

もちろん「顔」だけではなく、身体中をしっかりと保湿ケアすることも大切。

ベタつきが気になる日中には、スチームクリームがおすすめです。

全身保湿が可能なスチームクリームは、どこに塗ってもさらりとしているので、ベタつきが後の作業に影響することはありません。

スチームクリーム 2017|ディズニー限定デザイン缶「おしゃれキャット」よりマリー登場!

マンダム ディアフローラ リニューアル |ボディスキンケアにはミルク クリーム オイル どれがおすすめ?

入浴タイムを楽しみながら保湿をするのも効果的ですね。

保湿効果が目的の場合は、「コラーゲン」「吸着型ヒアルロン酸」「セラミド」「ローヤルゼリー」「シアバター」など保湿成分が含まれたスキンケア系入浴剤がおすすめです。

ディズニープリンセスデザイン”ウルモア”!!これで冬の乾燥肌を守ります!

他、冬になったからと効果や効能を考えずにプチプラ化粧品を購入することはおすすめできません。

プチプラスキンケア商品にも効果、効能が優れたアイテムがたくさんあります。

どうぞ効果や効能を口コミなどで十分に調べた上でお使いになるのが良いですね。

また、スキンケア商品だけでなくUV効果のある下地やファンデーションを使うことも大切かと思います。

お休みの日や自宅で過ごす際も外に出るときには、ノーメイクでもUV効果のある下地クリームや日焼け止めは必ずつけるように心がけましょう。(UV効果のあるBBクリームなどは便利ですね)

いかがですか?

冬の紫外線が油断できない理由、そして十分な保湿が必要な理由がお分かりいただけたと思います。

お日様の日差しが穏やかになっても「紫外線」が消えるわけではありません。

特に、暖かな冬のお昼など日向ぼっこをすることもあると思いますが、波長の長いUVA波に気をつける必要があります。

お肌を健康に守りたいのであれば、夏と同じように紫外線対策には気を配り、かつ保湿にも夏以上に気を配りケアしていくことが大切です。

肌トラブルに悩むことがないように、毎日のスキンケアをしっかりと行いたいですね!!

日焼け止めの塗り直しってどうしてる? ~ どんな方法が効果的なの?

お肌を休める「すっぴんデー」~ 酷使しているお肌に必要なこと

【乾燥肌】お肌の乾燥が良くない理由と「保湿」以外の注意点

 

紫外線は冬も大敵 ~ 紫外線対策が大切な理由と保湿に気を使いたい理由を最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク


関連記事

  1. 新「大晦日の過ごし方」アウトレットで心身ともにリフレッシュ!
  2. 手作りのお菓子(スイーツ)を作ってみんなを喜ばせるって幸せ 〜 …
  3. 夜間救急対応の動物病院 〜 費用や診察方法、受診所感など
  4. 若々しい女性に見られる特徴とキラキラ輝きがプラスされる理由
  5. ダラダラする自分が嫌になる 〜 ダラダラした自分を改善することは…
  6. iPhoneのバッテリーの減りがはやいのはなぜ?〜 スマホ初心者…
  7. 子供がピアノを練習する際のピアノの置き方はどの部屋、どの場所が望…
  8. 「肉を食べる」「肉を食べない」効果的なダイエットはどちら?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP