子育て

子育ては疲れる 〜 育児ノイローゼにならないための「育児疲れ解消法」を知ろう


スポンサーリンク


朝から夜まで子供との生活。

機嫌が悪く泣き出した時は抱っこしてあやし、眠れば溜まった家事を片付ける毎日。

「育児に疲れた」と思うことは、ママなら誰だってあるはず。

子育て中のママたち、どのように対処しているのでしょう?

 

育児ノイローゼ

子育てに疲れたと思っているママ、次の中に思い当たることはありませんか?

・何もないのにイライラする
これまでは何にもなかったちょっとしたことが妙に気になり、気になり始めるとイライラする。

ぶつけようのない苛々を感じる。

・育児も家事も全て放棄して逃げたいと思う
なんだか人生に疲れた気がする。

今、現実にある全てを忘れて、一人で気ままな生活がしたい。

・育児も家事も(仕事も)完璧にこなしたいと思っている
やる以上は手抜きせず、全てを満遍なくやらなければいけない。

手を抜くことに強い嫌悪感を持っている。

・自分だけが頑張っている気がする
自分だけが大変、自分だけが一人、育児も家事も自分一人だけが頑張っていると思う。

・何に対してもやる気が起きず、興味も湧かない
楽しみもないし、やりたいこともない。

育児や家事もやる気が起こらない。

・人と会って会話をすることがあまりない
毎日が育児、家事の繰り返しで家に籠もりがち。

唯一話しをするのは旦那さんくらい。

・子供をかわいいと思えない
笑っても泣いても、自分の子供がかわいいと思えなくて「ほんとにこの子を愛してる?」と自問自答することさえある。

・拒食や過食の傾向にある
食欲がハンパなかったり、全く食べれなかったり、気持ち悪くて吐き気がすることがある。

・突然涙が出てくる
ふとした瞬間に涙が出て、自分でも何に対して悲しいのか、不安なのか、よくわからない。

・寝つきが悪い、熟睡できない
疲れているはずなのに眠れなかったり、眠れたとしても夢ばかり(あまりよい夢ではない)で熟睡できていない。

初めてのお産、子育てで新しい経験が多い場合は自分でも気づかないうちにストレスを溜め込んでいるものです。

初めての育児じゃなくても、自由の効かない毎日に疲れたり、イライラしたり、やる気を失うことがあります。

上記に心当たりが多く「うつ」のような場合は、要注意です。

たくさんあればあるほど「育児ノイローゼ」である可能性があるからです。

不安、悩み、他愛のない話でも、まわりの家族、友人、保健師さんにたくさん話を聞いてもらいましょう。

自分の気持ちを吐き出すことで、症状が軽くなることもあります。

それでも何の変化もない場合、放っておくと重症化して自分をコントロールすることができなくなりますので、そのような場合は専門医を受診されることをおすすめします。

 

子育て疲れで受診

自分もかつて、いくつかの症状を経験して専門医を受診した経験があります。

自分の場合、子供が幼稚園に通う時期にこの「うつ」のような症状がやってきました。

症状

主人や子供と話をしたくない。

家族の行動を見ていると訳もなく苛々する。

家にいたくないけど誰にも会いたくない。

何にもしたくなくて横になると急に悲しくなり、涙がでる。

このような症状でした。

受診した病院

心療内科、婦人科と迷いましたが、子育て中でしたので婦人科を受診しました。

治療法

婦人科医師によるカウンセリング

(穏やかな笑顔でゆっくりと話して下さいました)

何か不安なことは?

原因になるようなことがあった?

というようなことを質問されました。

質問後に処方されたお薬は「緊張を和らげる」薬でした。

自分の場合、症状は軽かったのだと考えます。

経過

薬を飲んで「気持ち」が晴れることはなかったように思います。

どのように克服したか?

主人に言われた一言。

「薬を飲み続けたら表情がなくなっちゃうよ」

この言葉でハッと我にかえりました。

自分は何をしていたのか、、、

空白の時を過ごしていたような気分でした。

育児ノイローゼは、自分の強い思い込みが自分自身を追い詰めてしまうことからだと感じました。

子育て中でも楽をすることがあって良いのです。

少しの手抜きは目をつむりましょう。

ストレスを溜めないことが、子育てに疲れない最大の秘策です。

 

育児疲れ解消法

家事を休む

性格的に自分のルールを崩すのが難しい方もいるでしょう。

でも、和えて家事を休む日を作ってみて下さい。

洗濯や掃除はたった1日休んでも家族の体調が悪くなる訳ではありません。

食事だって美味しいお弁当がたくさんあるし、ファミレスなどを利用しても構わないのです。

1日お休みすることで「また明日から頑張ろう」という気持ちが湧いてきます。

友達と話す

気を許せる友人、または実家の家族と会って弾丸トークでベラベラお喋りをします。

話すだけ話したら不思議とスッキリするものです。

子供がいても一緒に面倒を見てくれるので気にしなくて大丈夫ですよ。

ショッピングをする

高価なものでなくても良いので、自分のためにお買い物をしましょう。

食べ物(美味しいスイーツなど)、コスメ、ファッション、アクセサリーなんでも良いのでお気に入りのものを探して購入することで、ストレス解消できることもあります。

映画を観る

大きなスクリーンで気になる映画を観ることも気分転換になるものです。

ストーリーを味わい、泣いたり笑ったりすることで脳がリフレッシュされるようです。

 

子供を預けても良いと思う

なかには、小さな子供さん(赤ちゃん)を預ける人がいなくて、外出なんてできないというママもいらっしゃるでしょう。

そんな時、自分は一時預かりを利用していました。

ショッピングモールなどにはほとんどで託児施設がありますし、地域の保育園や託児所も利用しました。

子供を預けることに罪悪感を持つ必要はないと思います。

自分だけが頑張って、一人孤独に育児に疲れた結果「育児ノイローゼ」になってしまうのなら、事前にそれを防ぐ方法としてストレス解消は大切なことなのです。

託児は資格を持った保育士さんが責任持って子供をお世話してくださいますし、そのためにかかる費用は数時間であればそう高額なものではありません。

ママがリフレッシュする、育児ノイローゼを防ぐためには必要なお金だと考えます。

たった数時間でも、子供に振り回されず自分だけの時間を持つことは必要だと感じます。

実際、そうされている方は子育てに疲れながらも楽しく毎日を過ごされているようですよ。

自分も子供を預けていましたが、子供自身も慣れてしまうとお友達がいたり、珍しいおもちゃがあったりして短時間の滞在を喜んでおりました。

子供が保育園や幼稚園に通うための社会勉強としても、短時間子供を預けることは有効だと思います。

すくすく子育て

子育てに悩むママたちのための情報番組として、NHKEテレにて「すくすく子育て」という番組が放送されています。

アンガールズの山根良顕さんと優木まおみさんが司会を担当されており、他タレントママの小原 正子さんやスザンヌさんなども出演されています。

子育てママの様々な疑問や悩みを解決するべく、子育てに関する各分野の専門家を含め育児について一緒に考えていく番組なのでこのような子育て情報番組を利用されることも良いかと思います。

すくすく子育て 毎週土曜 午後9:00~9:29

同じ悩みを持ったママ、同じ境遇にある人たちの話を聞きながらそれに共感できることで「育児に悩んだり、疲れたりしているのは自分だけではない」と思うことができます。

無料で観れるこのような番組をぜひ、活用したいですよね。

また、専門家の一人である大日向雅美先生が出版されている著書も「子育てに疲れたママ」の心に響く内容になっていますので読んでみると、様々な気づきがあって良いものですよ。


おひさまのようなママでいて [ 大日向雅美 ]

子育てというのは心身ともに疲れるものです。

時には泣きたい日だって山ほどある。

でも、考えてみてください。

子供が成長するまで10年、、10歳以降は子供自身が自立へと歩んでいくので、親が手取り足取り付き添うことはなくなります。

一日一緒に過ごし、生活できるのはたった数年、今だけなのです。

そう思うと、やはり一日一日を大切に有意義に過ごしたいです。

毎日の育児に疲れたらストレスをうまく解消して、数年のべったり子育てを楽しんでいけると良いですね。

子育てについての情報

➡️小学校入学までに親が子供に教えるべき10か条 ~ 社会生活を乗り越える力

➡️【共働きママ】子供のためにやり続けた3つのことが 将来子供のためになったという話

➡️【熱 発疹】麻疹? 風疹? 子供にも帯状疱疹(たいじょうほうしん)の危険がある!!

➡️【無料教材】子供のリビング学習にとても役に立つというおはなし

 

子育ては疲れる ~ 育児ノイローゼにならないための「育児疲れ解消法」を知ろうを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 幼稚園「ママさんバレー」への参加は必要? 〜 悩んでいる方はお読…
  2. 東京工業大学オープンキャンパスの参加における注意点、申し込み方法…
  3. 大学オープンキャンパスはいつ行く?〜 時期 申し込み方法 必要な…
  4. 小学校の家庭訪問事情が気になる 〜 お茶や部屋の準備はどうした…
  5. 【無料教材】子供のリビング学習にとても役に立つというおはなし
  6. ピアノ発表会の衣装 〜 中学生になった思春期の女の子におすすめす…
  7. 大学入学 子供が「一人暮らし」を始める前に親が教えておくべきこと…
  8.  【熱 発疹】麻疹? 風疹? 子供にも帯状疱疹(たいじょうほうし…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP