生活

「簡単 時短 安い」料理を実現させるために 〜 お弁当から夕飯まで活用できる簡単料理法


スポンサードリンク


仕事を持つ主婦にとって毎日の料理に苦労は絶えません。

仕事中にぼんやりメニューを考え、仕事が終われば急いで買い物をして支度する、、帰宅するとキッチンはまさに戦場と化してしまいます。

そこで、毎日の負担を軽くするべく時短料理法を活かさなければいけないのです。

忙しいからこそ、働く主婦は簡単でなければいけません!!

 

働く主婦の料理

毎日の朝食、お弁当、夕飯とメニューを考えるだけでも大変なこと。

「簡単料理」って言うけれど、その簡単料理でさえ考えるのは難しい、便利な「簡単レシピ」「アプリ」もたくさんあるけど、レシピをゆっくり探す余裕さえないのが正直なところ。

ボリュームがあっても肉料理ばかりになってもいけないし、炭水化物メインばかりでも困るし「野菜を取り入れなきゃ」「豆類も摂らなきゃ」と考えていると、なんだか全てが面倒になってしまいますね。

料理が大好き、料理が得意な主婦の皆様は別として、働く主婦であれば誰もが抱く感情だと思います。

そこで、毎日の料理が楽になる料理方法「時短レシピ」とでもいいましょうか・・、実際のパターンを取り入れながらご紹介してみたいと思います。

いつも実践している自作冷凍食品は「かしこいママの時短レシピ」といっても良いでしょう。

家にある材料を使い、安い材料でお金をかけずに結構な品数を作ることができるので働く主婦、専業主婦にもおすすめの方法ですよ。

「手抜き~」と言ってしまえばそれまでの方法ではありますが、どうぞご一読くださいませ。

休日(明日から仕事再開)の日には、夕食作りの際に一週間分の下準備を粗方済ませて、冷蔵保存、冷凍保存を大いに活用します。


ある日の下準備

 

パスタ麺を使って

皆様のご家庭にもパスタ麺の買い置きがあるかと思いますが、パスタはメイン料理の付け添えやお弁当おかずの一品としてとても重宝するものです。

冷蔵保存が可能ですので味を変えながら毎週一品は作ります。

トマトを大量にもらった際、トマトソースを作り冷凍したものがあったのでそれを利用してトマトナポリタンパスタを作りました。

材料:パスタ麺、トマト(トマトはホール缶でも良いし、生トマトでも構いません)、ケチャップ、醤油、みりん(砂糖)

作り方

・オリーブオイルでニンニクを炒め、トマト(一口大にカットしたもの)を炒める

・トマトケチャップ、砂糖(またはみりん)、醤油で好みに味付けをする

・茹でたパスタ麺をあえる

できたものは、冷蔵保存で大丈夫です。

お弁当にはもちろん、サラダの付け添えなどにも良いですよ。

また、茹でたパスタ麺はそのまま冷凍することも可能ですので食べたい時に、この方法で玉ねぎ、ピーマン、ハムなどを加えてナポリタンスパゲッティにすることもできます。

夕飯のメニューにする際はチーズ、目玉焼きなどをプラスすると豪華になりますよ。

 

春雨を使って

春雨も安くて使い回しのできる食材です。

今回は1/3を春雨スープ、2/3をチャプチェ(炒め煮)にしていました。

材料:春雨、豚肉、人参、玉ねぎ(他ピーマン、レタス、ひき肉など)

・ごま油で肉、野菜を炒める

・茹でた春雨を加え、醤油、砂糖、コチュジャン(お好み)で味付けをする

冷蔵保存しておくと、お弁当にも、足りない時の一品にも使えます。

後日、春巻きにしても美味しいです。(巻き巻きするだけで簡単にできます)

春雨は100円以下で結構なボリュームのある料理ができるので重宝する食材です。

 

ムネミを使って

ムネミは安くてヘルシーなお肉なので女子率の高い我が家では、愛用肉となっております。

この日は「マヨネーズ+パン粉」で揚げ焼きにしてみました。

作り方

・ムネミを一口大の大きさにカットする

・マヨネーズ、醤油とすりおろしたニンニク(チューブで大丈夫です)をあえる

・満遍なくあえたら、パン粉をつけてフライパンで焼く

焼き終えた状態で、冷蔵、または冷凍します。

お弁当にはもちろんですが、夕飯のメニューの一品としても、サラダなどの付け添えにも使えます。

調理済みで冷凍しておけば「あと一品」という時にすぐ使うことができますよね。

 

豚肉スライスを使って

オクラが安かったので豚肉で巻きました。

この日の豚は生姜焼き用のモモスライスを使っています。

揚げ物は衣付けをした状態で冷凍保存します。

夕食にはもちろん、お弁当にも使うことが可能です。

見た目よりもボリュームのある一品ですので、一本でもお腹いっぱいになりますよ。

揚げ物は衣付けをして冷凍しておくと、仕事が残業になっても慌てず作ることができますよね。

味付け肉を使って

主婦の皆さんは「自分の味付け」に飽きてしまうことがありませんか?

自分は「このお肉をどう味付けしよう? どんなレシピで作ろう?」と悩むことがよくあるのですが、時には味付けのお肉を利用するのも良いものですよ。

この日は「BBQスパイス味の豚肉」をお弁当用に298円で購入しました。

このままでは肉肉しいので、家にある野菜(キャベツ、玉ねぎ、人参、ピーマン、もやしなど)をプラスして炒めると良いですよね。

余っている野菜の整理にもなります。

この日は玉ねぎと人参をプラスして炒めたものを冷蔵保存しました。

肉類

そのまま冷凍するのではなく、食べやすい大きさにカットして冷凍しておくとすぐに使うことができるので、野菜炒め、生姜焼き、照り焼きとバリエーションを変えて調理することができます。

唐揚げにする場合には下味をつけておくとより便利です。

 

鮭(焼き魚)を使って

魚も焼いて冷凍しておくことで時短になります。

この鮭はお弁当用に買ったもので、焼いた後平らに並べて冷凍しました。(必要な分だけ取り出しやすいように)

実際、鮭の冷凍食品が販売されていますのでこの調理法でも問題ありません。

鯖(サバ)も同じ料理方法が可能です。

鮭のアヒージョ風もおすすめです。

材料:鮭(切り身)、レンコンをスライスしたもの、すりおろしたニンニク

・鮭はオーブンで焼き皮や骨をとり、一口大にほぐす

・フライパンにたっぷりのオリーブオイル(サラダ油も可)でニンニクを炒め、塩で味付けをする

・レンコンスライス、鮭を入れて炒める

(お好きな野菜でできますが、自分はレンコンの歯ごたえが好きです)

冷蔵保存して食べたい時にレンジでチンするだけ!!

お弁当のおかず、ビールのつまみにも活用できる美味です。

 

もやし

もやしは安くて使い回しが効く美味しい素材の一つですね。

今回はナムルにしてみました。

材料:もやし、人参

茹でて熱いうちにごま油、鶏がらスープの素であえて味付けします。

冷蔵保存しておくと、お弁当、肉や魚の付け添え、どんぶり等に使うことができます。

 

煮物

それぞれの料理のあまった分量にこんにゃくを加えて煮物を一品作りました。

(鶏肉、レンコン、人参、大根、コンニャク、しいたけ)

煮ている間に他の料理を作ることができるので作っておくと便利ですよ。

冷蔵保存で食べる時に、レンジで温めれば大丈夫です。

焼き魚、煮魚と一緒に食べると良いですよね。

 

お味噌汁

汁物もお味噌汁、すまし汁、ポタージュなど数日は使えます。

休日の夕食準備の際に、ここまで済ませておきます。

毎日、ここからチョイスして温めるだけで定食風のメニューが簡単に完成します。

下準備の料理トータル時間は、毎回1時間~1時間30分ほど。

しかし、これがあれば1週間の弁当作りや夕食つくりが格段楽になります。

食べる際には、生野菜を切る、レンチンをして、日によってほんの少し焼く程度で完成するので調理時間は15~20分で済むため、これまで仕事が終わってバタバタしていた時間がすっぽり空く感じですよ。

買い物に行く時間も省け、おまけに無駄買いをすることなく家系節約にもなるのです。

休日の夕方にちょっぴり頑張るだけで平日の夜やお弁当作りの時間が一気に楽になります。

日々が忙しいからこそ、働く主婦の料理方法は簡単でなければいけません!!

今回は実際に作っている料理例をご紹介させていただきましたが、皆様のお役に立てたでしょうか?

 

主婦業が面倒だなと思う時はこちらを

➡️料理嫌いには理由がある ~ 考え方を変えて美味しい冷食をフル活用するのはいかがですか?

➡️息抜き上手な主婦はストレスフリー ~ すぐに実践できる「8つのストレス解消法」

➡️家事が面倒な主婦におすすめのスペシャル時短術

 

「簡単 時短 安い」料理を実現させるために ~ お弁当から夕飯まで活用できる簡単料理法を最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク


関連記事

  1. 暑さと紫外線を攻略 〜 疲れ知らずで夏を乗り切るための方法
  2. 欲しいものがいっぱいなんだけど貯金も欲しい 〜 どうお金を貯めた…
  3. プレゼント選び | 彼女 上司 友人 全ての女性に喜んでもらえる…
  4. 簡単レシピで夕食が盛り上がる そんなアイテム知ってる?
  5. 便秘で悩む方へ | 原因も知った上で試した結果「便秘の悩み解消」…
  6. 東京ディズニーランドから自分あてにポストカードを送る「ディズニー…
  7. 「犬に洋服を着せたい」と思ったら洋服を着せる理由や必要性について…
  8. 夫とふたりきりの生活に耐えられる? 〜 「夫と一緒にいたくない症…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP