生活

【高御座(たかみくら)】は新天皇即位儀式の象徴〜高御座とは?どこにあるの?移動式?!


スポンサーリンク


2019年は、私たち日本人にとって、とても大切な儀式が行われますね。

天皇陛下(平成天皇)の譲位と皇太子さまの即位に伴う式典です。

430日に「退位礼正殿の儀」

1022日に「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」

が、国事行為として開催されることが決まっています。

自分が暮らす人生の中で、体験できるか、できないかという貴重な儀式に触れることができるのです。

しかし、これらの儀式に関してはわからないことだらけなのです。

「即位礼正殿の儀」で新天皇(秋篠宮様)がお使いになる高御座(たかみくら)について、皆さんはご存知でしょうか?

 

関連記事:御即位の儀式【剣璽等承継の儀】とは?~読み方や天皇の宝について知ってる? 祝日にはなるの?

 




高御座(たかみくら)の一般公開を検討

時事通信によりますと、杉田和博官房副長官が「即位礼正殿の儀」で新天皇がお使いになる高御座(たかみくら)を、式典後に一般公開することを提案されたそうです。

政府は19日、天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に関する式典委員会の初会合の議事録を公表した。

来年10月の「即位礼正殿の儀」で新天皇が使う高御座(たかみくら)について、杉田和博官房副長官が式典後に一般公開することを提案した。

高御座は新天皇が国内外に即位を宣言する玉座で、即位の儀式の象徴。

9月下旬に京都御所から皇居に移送された。

12日の初会合で杉田氏は、高御座について「多くの国民が儀式の一端に触れられるよう、一般参観を行うことが適当だ」と主張した。

杉田氏は「平成の御即位と同様、今回の御即位に際しても各府省が慶祝行事などを行うことが適当だ」とも発言した。

引用元:政府、高御座の一般公開検討=新天皇即位儀式の象徴

「高御座(たかみくら)」という言葉を初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?

秋篠宮さまの「即位礼正殿の儀」に備え、「高御座(たかみくら)」についてぜひ、知っておきたいですね。

 

関連記事:皇太子殿下の御即位記念硬貨はいつ発売されるの?申込み方法は?~いち早く情報を得る方法は?

 

 

高御座(たかみくら)とは

難しいものではないのですが。。

高御座(たかみくら)とは、、天皇位を象徴する玉座のことをいいます。

 

玉座(ぎょくざ)

君主がこしかけるために作られたものや、こしかけるために使われているもの「座具」のこと。

玉座(ぎょくざ)は日本の君主だけに限らず、それぞれの国で昔から君主、神々のシンボルとされてきました。

中国王朝時代、皇帝の玉座は龍の彫刻に彩られ、「世界の中心」である紫禁城の中心に据え付けられたのは有名ですよね。

玉座に座る皇帝に会うには、いくつもの門と通路を通過する必要がありました。

それがさらに皇帝の威厳を誇示するのに役立ったのです。

古代ギリシャ人においては、お祈りを捧げる際、宮殿や寺院に神々のための「空席玉座」を設けていたそうです。

玉座は威厳を誇示するものでもあり、神聖なものでもありました。

 

高御座(たかみくら)はどこにある?

報道の中に「9月下旬に京都御所から皇居に移送された。」という一文に疑問を感じた方もいらっs流のではないでしょうか?

通常、高御座(たかみくら)は宮内庁でも、皇居でもなく、皇室関連施設である京都御所(きょうとごしょ)にあるのです。

1869年(明治2年)までは、天皇が暮らし、儀式や公務が執り行われていましたが、現在は宮内庁京都事務所が管理されています。

京都御所といっても、その敷地は東西約250メートル、南北約450メートルの南北に長い広大な広さ。

この中のどこに高御座があるのでしょう?

 

紫宸殿(ししんでん/ししいでん)

敷地内南寄りに位置する紫宸殿(ししんでん/ししいでん)の中央部に高御座があります。

その横には、皇后の座である御帳台(みちょうだい)があります。

かつて紫宸殿は、天皇の即位、元服、立太子、節会など、最重要の公的儀式が執り行われ、公的な意味合いの強い建物でした。

 

それに対し、紫宸殿の北西にある清涼殿(せいりょうでん)は、天皇の居住の場となっていました。

紫宸殿に高御座があることはわかりましたが・・

一体、これをどのように東京に持ってくるの?という疑問が湧きますよね。

高御座と御帳台を解体した上で皇居宮殿のある東京まで運ばれるのです。

私たち一般人には想像ができない大移動ですよね。(*≧∀≦*)

 

高御座(たかみくら)はいつでも見ることができる?

2016726日より「京都御所」が、一般公開されるようになりましたので京都での拝観は可能です。

紫宸殿はもちろん、清涼殿、小御所、御学問所、御常御殿など平安時代以降の建築様式の移りかわりを肌で感じることができるので「即位礼正殿の儀」以前に拝観されることは、とてもおすすめできますよ。

ただし「京都御所」拝観には申し込みが必要ですのでご注意ください。

オンライン申し込みはこちらから

 

京都御所へのアクセス

所在地:〒602-0881 京都府京都市上京区京都御苑3

問い合わせ:075-211-1215

 

地下鉄烏丸線 今出川駅から徒歩5

 

市バス 烏丸今出川から徒歩5

地下鉄駅、バス停から、ともに徒歩5分で行けるため、公共機関でのアクセスが便利だと思います。

京都御所拝観の場合は、以下の2点にくれぐれもご注意くださいね。

御所内拝観の申し込みが必要

京都御苑はいつでも入れる

(京都御苑(きょうとぎょえん)は京都府京都市上京区にある国民公園で、京都御所の周囲の地区を指しています。)

 

 

「即位礼正殿の儀」で新天皇がお使いになる高御座(たかみくら)について、

また、高御座(たかみくら)の所在場所や移動について、おわかりいただけたでしょうか?

杉田和博官房副長官は、私たち一般人も国の儀式に触れられるよう、この高御座(たかみくら)を一般参観できるようにという願いを持っていらっしゃるということなのです。

京都御所での高御座(たかみくら)、東京「即位礼正殿の儀」式典後での高御座(たかみくら)を拝観できたら、これからの自分の人生が強運なものになりそうな気がしますよね。

新天皇即位を、たくさんの日本国民で祝えることを願います!!

 

・【東京都庭園美術館の紅葉】駅から10分以内 おすすめ紅葉スポット~見頃、見どころ、ライトアップなど気になることまとめ!!

・【変なホテル】東京 羽田に登場~気になるシステム、料金、アクセス、アメニティーなど~全200室インパクトかなり強め

・【2020年東京五輪】追加された5競技18種目~習い事候補として取り入れてみるのもおすすめ!!

・【金戒光明寺】2年ぶりの紅葉ライトアップ~開催時期、見頃、特別拝観料金やプレミアム拝観など【京都】

・京都「おしゃれなカフェランチから和食まで」~鴨川納涼床(のうりょうゆか)2018年に行ってみたいお店決まり!!

 

【高御座(たかみくら)】は新天皇即位儀式の象徴~高御座とは?どこにあるの?移動式?!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 高校生の通学自転車はこのように選びました 〜 安全 安心 疲れな…
  2. 便秘で悩む方へ | 原因も知った上で試した結果「便秘の悩み解消」…
  3. 2018年「敬老の日」は9月17日〜その由来や年齢、贈り物につい…
  4. 樋口新葉(ひぐち わかば)さん 〜 「金メダルを獲りたい」夢へと…
  5. 御即位の儀式【剣璽等承継の儀】とは?〜読み方や天皇の宝について知…
  6. 夏休みの自由研究に悩んだら熊本大学工学部「夏休みの自由研究に関す…
  7. 「トイレの嫌な臭い」原因と掃除方法 〜 イチオシの芳香剤
  8. 「トヨエツ」が漫画家に 〜 NHK朝ドラ 売れっ子少女漫画家は豊…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP