楽しみ

一人ディズニーは男女問わず癖になる 〜 東京ディズニーシーを一人で満喫する方法


スポンサーリンク


家族、お友達、会社の同僚と何度も通った東京ディズニーシー。

ポップコーンをぶら下げ、おしゃべりしながらショーを観たり、アトラクションに乗ったり・・。

ずっと誰かと一緒に通った東京ディズニーシーだけど、一人で行っても楽しめるのかな?

あんなに大きなテーマパークをたった一人で満喫することができるのかな?

一人っきりでミッキーやミニーに会うのは寂しくないかな?

と考えたことはありませんか?

ディズニーシーもディズニーランドでも一人ディズニーは十分に満喫できるし、おすすめもたくさんです。

悩んでいた方は迷わずチャレンジしてみて!!

 

一人ディズニー

東京ディズニーシーに限らず、一人でテーマパークに出かけるのってなかなか勇気が必要です。

会話できないのに何時間もいれる?

食事だって一人で食べなきゃ行けないじゃん。

待ち時間が長すぎて、どう時間を過ごすの?

アトラクションにも一人乗りって寂しすぎる・・・。

こんなことが頭をよぎるのではないでしょうか?

でも、これって逆の考え方もできるんですよ!

・誰にも気兼ねなく、一人でぶらぶら自由に行動できちゃう

・食事しなくても歩きながらスイーツ食べちゃえ

・待ち時間は人間ウォッチングをしたり、スマホでの用事を済ませちゃう

・アトラクションは一人だからいつもより早く乗れてしまう

一人で東京ディズニーシーへ行く最大の喜びは、自分が行きたいところ、観たいもの、買いたいもの、食べたいものを自由気ままに選べることなのです(もちろん計画を立てて行くのもOK

そんな気ままディズニーが楽しみで、一人インしている方も大勢います。

男女関係なく、年齢関係なく、たくさんいらっしゃいます。

皆が自由に、それぞれの楽しみ方で一人ディズニーシーを満喫していらっしゃいますよ。

「一人でディズニーシーへ行ってみようかな」と思われた方は、どうぞ今すぐにでも実現させてください。

意外と癖になりますよ。

 

「一人ディズニーシー」でのおすすめ

常連様の言葉をお借りすると「ぼっちイン」といいます。

「ディズニーシーへ初めて一人で行く」方に、ぼっちインでのおすすめな楽しみ方をご紹介します。

景観を楽しむ


(夜景も素晴らしいものです)

誰もが絶賛する東京ディズニーシーの、のどかで美しい景色。

誰かと一緒にインすると、おしゃべりや次の予定で頭がいっぱいになり、意外に景観を楽しめていないんですよね。

「キレイ」だとは感じていても、どんな風にキレイなのかを堪能するに至っていないことが多いのです。

シープラザを抜けて目に飛び込んでくるのは、メディテレーニアンハーバー。

地中海、イタリア北西部のポルトフィーノ(Portofino)という港町をモデルにしたとされています。

小さな街並みですが、カラフルでかわいい建物、日常暮らす中では縁薄い石畳、そして見た瞬間に「無」になることができるハーバーが広がります。

この景色をぼ~んやりとただただ静かに眺めて見たことがありますか?

家族やお友達と一緒ではできない行動だと思います。

普段じっくりと見ることのなかった景色を一人でゆっくり眺めていると「一人でディズニーシーへ来て良かった」と根拠のない幸福感を得ることができますよ。

東京ディズニーシーは、このメディテレーニアンハーバー、アメリカンウォーターフロント、ポートディスカバリー、ロストリバーデルタ、アラビアンコースト、マーメイドラグーン、ミステリアスアイランドと7つのテーマポートが存在します。

どのテーマポートに行っても、一人ぼんやりと景観を楽しむことができます。

眺めるのも良し、写真を撮るのも良し、巡るのも良し、一人でじっくりとその景観を楽しんでみてください。

ショッピングを楽しむ

誰かと一緒だとアトラクション待ち、ショー待ち、グリィーティング待ち、なんだかんだと時間を費やしてしまってショッピングの時間が足りないということがありませんか?

ディズニーシーでの見所は数え切れないほどあって、その一つ一つに時間を要するためショッピングにかける時間は意外に確保できないものです。

公式サイトや情報サイトで「このメモ帳欲しい!」「このカップを手にとって見たい」と考えていても、実際には時間切れとなってしまうことが多いのですよね。

せっかく行ったのにまた次回・・となってしまいがちです。

その点、一人ディズニーだと「ショッピング」をメインにインすることも可能ですよね。

まずは見たかったもの、買いたかったものを先にじっくりと品定めすることができます。

一人だと誰に気兼ねすることもないため、ショップをハシゴすることも遠慮なくできます。

ショップが離れていると「付き合わせるのは申し訳ないな」なんて考えなくて良いのですから。

シープラザのディレくんを探しに、ステラ・ルーのフィナンシェを探しに、アリエルのクッションを探しに自由に動くことができます。

ショッピングだけでも一日過ごすことができますよね。

グリィーティングを楽しむ

一人ディズニーだからこそ、ディズニーキャラクターたちと触れ合いたい!!

キャラクターに会って、会話を楽しむことだってできてしまいます。

同じ目的で来れば何度もループできますが、キャラクターとのグリィーティングだけで一日を過ごすことは誰かが一緒の時は難しいもの・・・。

そこで、一人ディズニーしたからには存分にキャラクターたちとお話ししたいところですね。

グリィーティング巡りもオススメです。

ディズニーシーではミッキー、ミニー、グーフィー、ドナルドダック、ダッフィー、シェリー・メイ、アリエル、デイジー、スティッチなどのキャラクターとグリィーティングできる施設があります。

・ディズニーシー・プラザ(ミッキーorミニー)

・アメリカンウォーターフロント(ダッフィー、シェリー・メイ)

・ロストリバーデルタ(ミッキー、ミニー、グーフィー、ドナルドダック)

・アラビアンコースト(デイジーやスティッチ、当日のお楽しみとなっています)

・マーメイドラグーン(アリエル)

たくさんのキャラクターと触れ合えるので一人でも全く寂しさを感じることはありません。

むしろ、一人の方がたくさんのキャラクターと何度も触れ合うことができるのです。

他、フリーグリィーティングもありますので、ディズニーシー内を一人でぶらぶら歩いているとキャラクターたちに会えるチャンスがありますよ!!

家族やお友達と計画行動をしていると困難なキャラクターとの触れ合いを楽しむチャンスがあります。

一人食べ歩き

誰にも気兼ねなく、自分が食べたいものだけをチョイスすることができるのも一人ディズニーの魅力です。

個人的にはレストランなどに入らず、ワゴンサービスで販売されている軽食を食べるのが好きです。

個人的にディズニーシーでのお気に入りは

ユカタンソーセージドッグ(ロストリバーデルタのエクスペディション・イート)

パリパリのフランス生地の中に食べ応え満点のソーセージが入っているのですが、一つ食べればお腹いっぱい。

噛み応えもあり、空腹と食欲を満たしてくれる一品です。

ティポトルタ(アメリカンウォーターフロントのハイタイド・トリート)

混雑日には長蛇の列を作る大人気のティポトルタ。

スイーツとして女性には喜ばれるワゴンフードです。

特にハロウィン開催時に期間限定で販売されるブラックティポトルタ(チーズクリーム&ブルーベリー)がお気に入りです。見た目は少々不気味ですが、食べた時の美味しさがギャップ感があり、楽しいスイーツです。
一人ディズニーの時は、これに飲み物があれば十分ですね。

レストランに一人で入るのは苦手な方にも良い楽しみ方ですよ。(自分の場合、レストラン堪能する時間を他に使いたい派です)

夕方、小腹が空いた時にはアメリカンウォーターフロントにあるニューヨーク・デリでポテトを食べることがあります。

この際、その日に撮った写真を見たり、ショッピングしたアイテムを確認したりする時間も好きな時間です。

アトラクション・シングルライダー

シングルライダーをご存知ですか?

ディズニーシー、およびディズニーランドのアトラクションには4人乗りや3人乗りなどのライド(乗り物)にひとり分の空席ができた場合、1人が優先的にアトラクションを利用できる制度があるのです。

ディズニーシーでシングルライダーが利用できるアトラクションは

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮

レイジングスピリッツ

エントランスに立っているキャストにシングルライダーを利用することを伝えると、「レイジングスピリッツ」はシングルライダー専用の通路に案内されます。

スタンバイ列が短い場合はキャストがスタンバイかファストパスでの利用を勧める事もありますが・・。

以前は、海底2万マイル、タワー・オブ・テラーもシングルライダーが可能でしたが、今は廃止されています。

でも、他のアトラクションでも一人ディズニー様は乗り合わせで優遇されることも多いため、一人アトラクションおすすめですよ。

混雑日以外ですと、一人アトラクションが存分に楽しめます。

ショーのみ鑑賞

ディズニーシー、ディズニーランドの魅力の一つはエンターテーメント性抜群の洗練されたショーイベントです。

ただただ、ショーだけを鑑賞に一人ディズニーを実行される方は大勢いらっしゃいますよ。

「地蔵」と言われるその方たちはショーのためだけに、ずっと座って待っておられます。

そのお気持ちが痛いほどわかる、素晴らしいショーばかりです。

一人だからこそ、ショーだけを観て写真に収めたり、「ミッキ~~」と叫んでみたり、ぽやん❤︎とキャストさんを見つめることも可能です。

決して恥ずかしくはありません。

まわりのみなさんの視線は一斉に、ディズニーキャラクターやキャストさんに集中します。

自分がどんな表情をしてようと、見ている人はいないのです。

観たいショーを好きなだけ何度も観るというのが、一人ディズニーの醍醐味のような気がします。

 

一人ディズニーにかかるコスト

ショッピングメインでない限り、コストはほとんど必要ありません。

1デーパスポート:大人¥7,400 中人¥6,400 小人¥4,800

大人の場合、パスポート料金+飲食代(ワゴンフードだと2.000円ほどで事足ります)

ディズニーシーのパーク内で使う金額はパスポート込みで10.000円~15.000円といったところ。

ショッピングをする場合はこれにお買い物代がプラスされます。

さらに、ディズニーシーまでの交通費はそれぞれ異なると思いますが、交通費をプラスした金額ですね。

関東エリアにお住いの方であれば、一人ディズニーを楽しむにはコストはかからないということです。

渋谷にお買い物~よりもお安い料金かと思います。

個人的には、ショー鑑賞、グリィーティングを一人ディズニーでは思いっきり楽しみます。

お金を使うことなく、十分に満喫できますし、土日、祝日などの混雑日を避け、平日インすることで幾つかの楽しみを並行することもできますよ。

大勢で行くディズニーシーも楽しいのですが、一人でこっそりディズニーシーを楽しむのもおすすめです。

一人ディズニー、ちっとも寂しくありません。

むしろ、十分すぎるくらい満喫できるので一度行ったら癖になりますよ!!

一人ディズニーに行くか、行かないか迷われている方、もちろん一人旅を考えている方にもぜひ、一人ディズニーをお勧めいたします。

・【ディズニー旅行】長い待ち時間の過ごし方や待ち時間を減らす方法

・ダッフィーとシェリーメイに会いたい ~ マイ・フレンド・ダッフィーを攻略!!

・東京ディズニーランドから自分あてにポストカードを送る「ディズニー郵便」を楽しみつつ更にSNS映えする方法

・TDL ショーレストラン|ザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ 「ミッキー&カンパニー」魅力の全て!

・ディズニーキャラクターのコスチュームに見える効果と魅力に迫る!!

 

一人ディズニーは男女問わず癖になる ~ 東京ディズニーシーを一人で満喫する方法を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 藤本那菜(ふじもとなな)さん 〜アイスホッケー日本代表の美人すぎ…
  2. 手作りのお菓子(スイーツ)を作ってみんなを喜ばせるって幸せ 〜 …
  3. 宇野昌磨(うのしょうま)さん 五輪報告会 パレードは? 世界選手…
  4. 東京ディズニーランドから自分あてにポストカードを送る「ディズニー…
  5. 本橋麻里(もとはしまり)さん 〜 平昌オリンピック「カーリング女…
  6. バレエモチーフの図案32選 〜 クロスステッチ刺繍でハンドメイド…
  7. LEGO(レゴ)は子供の能力を切り開く 〜 レゴ アイデア15選…
  8. とてつもなく甘い苺「紅あやね」いちご狩り情報 〜 5つの品種が揃…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP