ドラマ

安藤サクラさん 〜 NHK朝ドラ ヒロインの華麗なる一族に「まんぷく」


スポンサーリンク


2018年後期のNHK 朝ドラ「まんぷく」のヒロインに決定した安藤サクラさん。

NHK連続テレビ小説といえば毎回、キャストや視聴率などが話題になる番組なので、妻であり、母となったサクラさんにはかなりの勇気と覚悟が必要だったでしょうね。

後ろ盾をしてくれる心強い家族の愛情とサポートが、サクラさんだけではなく「まんぷく」そのものを素晴らしい作品にしてくれるのではないでしょうか?

皆さんは「女優 安藤サクラ」について、どのようなことをご存じですか?

朝ドラ「まんぷく」が始まる前に、ぜひ安藤サクラという女優さんについて知っておきたいですね!!

 

安藤サクラさんの家族

安藤さんご家族は生粋の芸能一家。その家系が凄すぎるのです。

父:奥田瑛二(おくだえいじ)さん

安藤サクラさん(@sakuraando)がシェアした投稿

俳優であり、映画監督、画家、声優やナレーターと幅広く活躍される奥田さん。

「花燃ゆ」「スペシャルドラマ必殺仕事人」「世界から猫が消えたなら」

渋くて甘さのあるかっこいい役者から、近年では父親役、気味の悪い仇など様々な役を演じることができる俳優として知られています。

明治学院大学法学部から議員秘書として勤めた経験のあるエリートなサクラさんお父様です。

母:安藤和津(あんどうかづ)さん

エッセイストとして活躍される安藤さん。

元法務大臣・犬養健(いぬかいたける)氏を父に持ち、祖父は内閣総理大臣を務めた犬養毅(いぬかいつよし)氏という、家系だけでも信じられないほどの華麗な一族です。

ご自身は学習院初等科~高等科を卒業後、上智大学を中退し2年間のイギリス留学をされています。

幼少からのセレブな生活エピソードが有名なサクラさんのお母様です。

姉:安藤桃子(あんどうももこ)さん

2010年「カケラ」で映画監督デビューをされた桃子さんは安藤家の長女です。

高校時代よりイギリスに留学、ロンドン大学芸術学部を卒業後はニューヨーク大学に進学して映画作りを学び、監督助手として働く道を切り開きました。

安藤サクラさん(@sakuraando)がシェアした投稿

脚本も手がけるクリエイティブなサクラさんのお姉さんです。

安藤さんは、この家庭の次女として生まれました。

歴史上の人物を曽祖父に持つ女優さんっているでしょうか?

さらに、さらに!!

2012年には俳優の柄本佑(えもとたすく)さんとご結婚されています。

佑さんもまた、父:柄本明さん、母:角替和枝さん、弟:柄本時生さんと芸能一家に生まれた俳優さんなんですよね。

安藤サクラさんの家系は実に華々しく、素晴らしい。

「女優に成るべくしてこの世に生を受けた」と考えても不思議ではありませんね!!

 

安藤サクラプロフィール

本名:柄本さくら

生年月日:1986218

出身:東京都

最終学歴:学習院女子大学国際文化交流学部

血液型:A

身長:160cm

所属:ユマニテ(東出昌大さん、満島真之介さん、スズキジュンペイさんなどが活躍されています。)

安藤サクラさん(@sakuraando)がシェアした投稿 –

サクラさんは5歳の時に観た父・奥田瑛二さんの舞台で純粋に「女優になりたい」と夢を抱きました。

父の姿を観て「役者に憧れる」というのは理想的で本当に素敵です。

しかし、年齢を重ねるごとに現実が見え隠れするのです。

「芸能人一家」

子どものサクラさんの耳に、嫌でもこんな言葉が入ってきました。

女優になりたい気持ちはあるものの、周囲の目が気になった見えたサクラさんはこの夢を一度封印し、学生生活を送ることになりました。

しかし、様々な経験を経て再び女優への道を目指し、2007年より活動を開始。

主な出演作品

2007年:女帝 5 (朝日放送・テレビ朝日)ホステス 役

2010年:舞台「裏切りの街」

2011年:連続テレビ小説おひさま(NHK – 宮本ミツ 役

2014年:映画「百円の恋」主演・一子 役

2016年:ゆとりですがなにか(日本テレビ)ヒロイン・宮下茜 役

2017年:カルテット 3話(TBS – すずめの元同僚 役(声の出演)

2015年には映画「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞を受賞されていますね。

ボクシングで体当たり演技をするサクラさんが、本格実力派女優として脚光を浴びた素晴らしい作品です!!

 

サクラさんのプライベート

2010年には、CNNで「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人として選ばれていたのですね。

演技力のある女優として着実に成長しているサクラさんですが(だからこそ?!)、プライベートもとても充実されています。

生まれ育った実家のご家族に恵まれたことはもちろんですが、2012年には俳優の柄本佑さんと結婚され、妻となりました。

結婚の際のエピソードも微笑ましいもの。

出会いはNHK連続テレビ小説「おひさま」で知り合った、弟の柄本時生さんの紹介で。

でも、この時すでにサクラさんはビビビッ(この人と結婚する)ときていたようですよ。

この後、佑さんの積極的なアプローチで交際が始まりました。

ご両親も交際は快く認めてくれたものの、サクラさんの父・奥田瑛二さんから「結婚は3年待て!!」と言われたそうです。

 

2017年には待望の長女誕生!

幸せいっぱいのサクラさんに2018年後期 NHK連続テレビ小説「まんぷく」の話が舞い込んできたのです。

育児への専念を考えていたサクラさんは「なぜ、いま、このタイミングで?!」と思ったに違いありません。

仕事(撮影)と育児の両立に悩むも、心強い芸能一家家族の勧め、NHKが育児へのサポートを約束してくれたことから、オファーの受諾することとなりました。

不安もあるでしょうが「まんぷくヒロイン」の福子のように、夫を支えつつ、自分自身も女優として妻として母として強い女性に成長していくことでしょう。

安藤サクラさんとヒロイン「今井福子」を重ね合わせながら朝ドラを観るのも、楽しみ方の一つかも知れませんね!

 

平成30年度後期 NHK連続テレビ小説 「まんぷく」

インスタントラーメンを発明した安藤百福(あんどうももふく)をモデルに描いた作品で、妻の福子(安藤サクラ)がヒロインとなる。

*放送予定
2018年(平成30年)101日(月)~ 2019年(平成31年)330日(土) <151>

*放送時間
毎週月曜~土曜 朝8:008:15、再放送12:4513:00BS7:458:00

*制作スケジュール
2018年(平成30年)1月~5月 出演者発表

2018年(平成30年)5月クランクイン予定

*出演者
安藤サクラ(あんどうさくら)さん

長谷川博己(はせがわひろき)さん

松下奈緒(まつしたなお)さん

要潤(かなめじゅん)さん

内田有紀(うちだゆき)さん

大谷亮平(おおたにりょうへい)さん

松坂慶子(まつざかけいこ)さん

他。

アイキャッチ画像元

 

NHK 朝ドラ2018後期 「まんぷく」ってどんなお話? 登場人物やキャストは?

NHK 朝ドラ「半分、青い」ってどんなお話? 登場人物やキャストは誰? 主題歌は?

・安藤百福(あんどうももふく)ってどんな人? 朝ドラ「まんぷく」との関係は? カップヌードルとの関係は?!

・朝ドラ「まんぷく」ヒロインの姉を演じる松下奈緒さん~女優として、音楽家として輝く理由

・アミューズの大谷亮介さんってどんな役者さん? ~ NHK朝ドラ「まんぷく」での配役も気なる!!

・朝ドラ【まんぷく】福子の義兄役~要潤(かなめじゅん)さんの奥様は美しい女社長!

・永野芽郁(ながのめい)さん ~ NHK 朝ドラヒロイン「鈴愛(すずめ)」に向いてる気がする?!

・橋本愛(はしもとあい)さん ~ 西郷どんの一人目の妻「伊集院須賀」が美しすぎる

・二階堂ふみ(にかいどうふみ)さん ~ 西郷どんの二人目の妻「愛加那(あいかな)」を演じる個性派女優について

・黒木華(くろきはる)さん ~ 西郷どん三人目の妻「岩山糸」を演じるのは清純な実力派女優

・「おしりたんてい」がEテレに登場 ~ 知らないパパやママはププッと解決してください!!

・子役キャストの経歴が素晴らしすぎる!!~ NHK連続テレビ小説「半分、青い」の子役たち

 

安藤サクラさん ~ NHK朝ドラ ヒロインの華麗なる一族に「まんぷく」を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. PPAPに続く話題曲「ベジタボー」〜 ももくろちゃんZとピコ太郎…
  2. お肌を休める「すっぴんデー」〜 酷使しているお肌に必要なこと
  3. 【なつぞら】照夫役の清原翔さんってイケメンなんだけど〜モデル?俳…
  4. 2018年 フィギュアスケートGPシリーズNHK杯〜最後の選出と…
  5. 【今日から俺は!!】紅高の谷川は矢本悠馬さん〜「半分、青い。」の…
  6. 宮原知子(みやはらさとこ)さん 〜 努力を厭わないTinyQue…
  7. 【高校入試〜高校生活】まとめ〜合格発表や入学費用、塾、大学入試に…
  8. 朝ドラ「半分、青い」のちょっとネタバレ〜【ボクテと裕子と鈴愛】の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP