子育て

高校の授業参観や保護者懇談会って皆 参加しているの? 高校生ってどう考える?


スポンサーリンク


受験を終え、晴れて「高校生」になった我が子に喜びもひとしお。

新しい制服で身を包む子供の成長した姿を見るのは親として至福の時ですね。

これから3年間、健康に明るく通学してくれることを願うばかりです。

高校入学に際して一つ疑問が・・・ ( ̄∇ ̄)

高校の授業参観や懇談会の参加は、皆さんどうされているのでしょうか?

小学校中学校と同じように高校でも定期的に授業参観が行われます。

・子供たちがどのような学校生活を過ごしているかは

・校内の環境はどうなのか

・授業の雰囲気や授業への関わり方

・授業内容を理解しているのか

など、気にかけることも小学校、中学校の頃と変わりないと感じます。

我が子は何歳になっても、高校生になったって、やはり我が子。

不安に感じたり、心配に感じることは全く変わらないのです。


高校での授業参観について

2015年にベネッセさんが行ったアンケートにおいて、高校の授業参観に行くべきか否かで悩んでいる親(保護者)にはとても興味のある内容になっていましたのでご紹介させていただきます。

高校の授業参観に参加しますか?

それとも不参加?

参加:65%

不参加:35%

調査地域:全国

調査対象:お子さまをお持ちの保護者のかた

調査期間:201523日~201548

調査手法:Webアンケート

有効回答数:100サンプル

参加の理由

・いくつになっても子どもは子ども。高校での様子が知りたいと思うので参加したいと思います。

・親としては子どもが普段どのように学校生活を送っているのか気になるので参加したいところだが、娘が絶対にイヤだと言えば行かないかもしれない。

不参加の理由

・多感な時期の高校生の授業参観に興味はありますが行って、その後娘とけんかになりそうなので行かない。

・覗いてみたいが仕事もあるし、子どもが参観することを望まないと思うので不参加。念のため子どもの希望は確認する。

あくまでも「子供」さんを主体として考えられている親御さんが多いようですね。

 

高校の授業参観って参加率どうなの?

小学校高学年~中学校は参加率の低さが目立っていましたが、意外や意外。

高校って案外、授業参観の出席率が高いな・・と思ったのが率直な感想。

自分の経験は、公立の進学校です。

みなさん、熱心に参加されていてご夫婦でいらしている方も多いです。

というのも、授業参観は土曜日に行われることがほとんどだからです。

高校の授業参観(いや、小中学校も同じかな?)において、曜日、時間帯によって参加者率が変わるってことは大いにあると考えます。

結論は「高校の授業参観」の参加率(出席率)は70%といったところでしょうか・・。

私立、公立、学校によって様々なようですので、知り合いがいれば授業参観の様子を尋ねてみることをおすすめします。

高校の授業参観 親の服装

こちらも小学校、中学校と変わりありません。

特別なスーツが必要だったり、高価なアクセサリーが必要だということはありませんのでご安心ください。

「高校での学習の様子を見学に行く」

という考えのもと、常識のある身だしなみであれば問題ないと感じます。

授業参観の服装についてはこちらを参考にしていただければ幸いです。

[関連] 授業参観 保護者会 など行事別に考える小学校保護者の服装(身だしなみ)

高校の保護者懇談会

懇談会(保護者会)も小学校、中学校同様行われます。

ただ、回数的には少ないでしょうか?

娘の学校では年度はじめに一回だったと記憶しています。

内容としては

1年間の行事予定

・進学についての話

・家庭学習について

・担任自己紹介、保護者自己紹介

といった内容で、小学校、中学校に比べて高校では「父親」の参加率が高いように感じます。

理由の一つに、子供が高校生ともなるとフルタイムで仕事をされる母親がほとんどです。

仕事の兼ね合いで父親が出席するということも多いのです。

 

保護者懇談会に参加するべきか、否か ƪ(˘⌣˘)ʃ

 

それぞれの保護者のお考え次第だと思います。

高校は自宅もバラバラになるため(校区外)、保護者同士が接する機会はそう多くありません。

部活なども子供たちだけで活動するようになるので、保護者が出て行く幕はあまりないんですね。

進学の情報交換などに備えて、保護者とのつながりを作りたいと考える方は、ぜひ懇談会に参加することをおすすめいたします。

このようなご意見もありました。

私立高校3年男子の親ですが、私は1年の時からでています。学校の方針を受け入れて、親同士も、雰囲気もよくクラスの7、8割は出ていると思います。

 

なるべく時間を取って出席しています。

中学では、授業参観には来ないでと言われたので、その後の懇談会には出るようにしていました。

高校では、懇談会はもちろん保護者会と言う名の飲み会にも必ず出席しています。

 

高校になってからは学級懇談は年1回です。

私は今クラス委員をしているのですが、去年6月にあった学級懇談では、クラス40名のうち出席は18名だったので、まあまあの出席率かなと思います。

その前に行われた学年懇談は、学年320名中出席は150名くらいでした。

進学校のせいか、わりと出席率はいいですね。

学級懇談は、自己紹介などが嫌で帰られた方もおられたようですが。

懇談会の雰囲気としても、小中学校に比べると比較的落ち着いた感じですよ。

 

三者面談

懇談会にはどうしても参加できない、、でも進学や勉強内容について気になることがある!!

という場合、高校は必ず三者面談がありますのでその場を活用されてください。

担任の先生、子供、親とじっくり話すことができるので、進学、成績などで疑問に感じることは三者面談で十分に解決できます。

三者面談があるので、基本的に学校に対する疑問や不安はありません。

小学校、中学校であれば、授業参観、懇談会には参加すべきだと考えます。

しかし、高校生は大人への第一歩を踏み出した年齢です。

進学、学習、成績、将来についてなど、疑問や不安を持てば自分で解決できなければ後々困るとも考えられますよね?

自分の将来のために自立することを考えると、子供本人に動いてもらうことが十分にできますし、必要なことだとも感じます。

決して無関心や放置ではなく、敢えて「参観、懇談会に参加しない」という考え方もアリだと思います。

(この時期は親を嫌がることもありますのでね)

我が家は、受験について~奨学金の申し込みまで全て子供に任せました。

大変だったと思いますよ!!

親の仕事は必要な書類を集めたり、サインをしたり、交通手配をしたり、必要事項を先生と話すことくらいでした。

本人が全てを行うことで、高校生としての自覚、受験生としての自覚も身についたと感じています。

考えて行動すれば自分でできることばかりです。

個人的には、小学生、中学生のように一から十まで親が管理する必要性は感じません。

高校での授業参観、懇談会については子供さんと相談して決めるのが良い方法かと思います。

参加したい理由(参加したくない理由)、来て欲しい理由(来て欲しくない理由)などを話し合った上でご家庭で決めてくださいね。

ただし、三者面談は必須ですよ!!

 

学校関連

・懇談会の参加はどうしても必要なの? ~ 懇談会が「面倒」だと感じた時に考えたいこと

・「授業参観が苦手で行きたくない」と感じたときに知っておきたい10のメリット!!

・クラス懇談会(保護者会)の自己紹介 緊張しても印象的に話せるアイデア10!!

・高校入学 準備品のすべて~ JK(女子高生)入学にかかった全費用

・大学入学 子供が「一人暮らし」を始める前に親が教えておくべきこと5

・奨学金なしでは大学進学できない現実 ~ 貸与月額10万円の返済額 返済年数は?

・子供の入学式 清楚で可憐な「ママの服装」を知りたい!!

 

高校の授業参観や保護者懇談会って皆 参加しているの? 高校生ってどう考える?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 子育て歴22年のママがおすすめする「心が穏やかになる」子育て本!…
  2. 小学校入学・登下校や生活において親が配慮すべき「9つ」のこと
  3. 反抗期は確実にやってくる 〜 思春期の娘と自然に付き合う4つのポ…
  4. 「バレンタインのガチチョコはパパにあげようと思う」 娘を持つパパ…
  5. チアリーディングとチアダンス 子供に習わせるならどちら? 〜 チ…
  6. 【共働きママ】子供のためにやり続けた3つのことが 将来子供のため…
  7. 2018年冬休みの映画情報 〜 子供と一緒に観るおすすめ映画とチ…
  8. 子供にお小遣いをあげなかった貧乏な親 と お金の大切さを学んだ泣…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP