生活

空港で財布を失くして学んだこと 〜 リムジンバスについても知っておくべき!


スポンサーリンク


ビジネス、旅行、帰省などで羽田空港の利用する数は、なんと一日20万人以上とされています。

これが年間利用ともなると7.000万人ですよ、すごい!!

ゴールデンウィーク、夏冬の帰省シーズン、受験シーズンなどは人 人 人でごった返していますよね。

混雑時は自主的に行くことは避けたい場所でもあります。

そんな羽田空港で、先日人生初めての体験をしました。

 

財布を失くす

フライト時間の1時間30分前に空港到着。

「今日は余裕でしょ」

とお土産品を買いにショップ巡りをすることにしました。

東京ばな奈のばな奈ハート

資生堂パーラーのボンボン フロマージュ

タイムズクロスの焼きチーズケーキ・ラスク



いや、お土産はやはり

大好物のN.Y.C.SAND(ニューヨークシティサンド)の「N.Y.キャラメルサンド」に決定。

支払いを済ませなければとバッグから財布を出そうとしたその時

ないっ、財布がない!!!

一瞬で顔が青ざめていくのがわかりました。

バッグの中身をすべて取り出したけど、やはり財布がない。

あー、どうしよう。

財布には現金の他に、帰りの航空チケットや免許証、保険証なども入っていました。

時計を見ると出発時間の1時間15分前。焦るばかり。

どうしよう、どうしよう。

 

経路をたどる

「落ち着け、落ち着け」

自分に言い聞かせながら、どこで財布を失くしたのか自分が辿った経路を思い出してみました。

どう考えても空港内の出来事ではないのです。

リムジンバスから降りてバッグを持ったまま空港内のショップを巡っていたのですから。

とすれば、リムジンバスだ!!

バスに乗車して眠ってしまった自分、気付いた時には空港で慌ててバスから降りたのです。

バスは到着後、またすぐに次の地点に向かっているのですでに第2ターミナルにはいません。

ますます青ざめる。どうしよう、どうしよう・・。

こんな時って、どこに行って誰に捜索願いを出せばいいのかもわからないほど思考が停止してしまいます。

もし、このような体験をしたら?

 

リムジンバス到着点に戻る

空港内で経緯を説明すると、バス内の忘れ物はバス会社さんに問い合わせてくれとのこと。

リムジンバスが停車した地点に戻ります。

ということは、バス降り場を知っておくことが大事になりますので空港行きのリムジンバスを利用する際には必ず確認しておきましょう。

各乗降口には必ずスタッフがいますので、財布を失くしたことを話してください。

・どこから乗ったか?

・バス会社は?

・何時発のバスだったか?

・バスのどの位置に座ったか?

(詳しければ詳しい方が探しやすいです)

・どんな財布だったか?

(色、形、柄など)

・身分証明するものが入っているか?

(カード、免許証、保険証など)

空港行きに限らずバスに乗る際には、この5点はわかるようにしておくことがおすすめです。

自分は過去にこのような経験がなかったため、何も確認せずにリムジンバスに乗ってしまいました。

おかげで何も伝えることができずに捜索がとても難航しましたが、スタッフさんが親身に調べてくれました。

待つこと30分ほど、、飛行機出発時間まで1時間を切っています。

その時「似たような紛失物が見つかった」という情報が入ったのです。

で?! どうすれば良いの?

 

自分がいたのは第2ターミナル。

財布が届けられたのは第1ターミナルだと言います。

わたし、泣きそうでした。。

飛行機出発まで残り40分ほどしかないのに、距離がありすぎる!!

2ターミナル・京浜急行バスの管理室に預けられているのでそこに向かうようにと言われましたが・・

どうやっていけば良いの???

 

2ターミナルから第1ターミナルへの行き方

2ターミナル1F/バス9番乗り場から無料連絡バスが4分おきに運行されています。

2ターミナルから第1ターミナルをグルグルと循環しているので、それに乗るとターミナルの移動が可能です。

この無料連絡バスを知っておくと便利ですね。

無事、第1ターミナルへ到着したものの焦っているため、京浜急行バスの管理室がわかりません。

走る、走る、走る。

あんなに走ったのは久々で、翌日は筋肉痛でした。

京浜急行バスの管理室

とてもわかりづらい場所にあります。

地図の場所、発券機の裏側で通路からはとても見えません。

用事がある場合は、発券機の呼び出しボタンを押せばスタッフが出て来てくれます。

財布がありました!!

紛れもなく、わたしのもの。

この時、人生で初めて感じたかもしれない安堵感を味わいました。

しかし、これで終わりではありません。

これから再び、第2ターミナルへ戻らなければいけないのです。

出発時刻まで残り25分、第1ターミナルでの無料連絡バス乗り場は8番。

無事に第2ターミナルへ戻ったのが出発時刻まで15分、間一髪でした。

これで無事に飛行機に乗れたわけですが、とんでもない時間を過ごしてしまいました。

余裕を持って空港に来たはずが、財布を失くすとは・・・。

 

空港で財布を失くして学んだこと

バスに乗るときには確認事項が必要

・バス会社名

・発着時間

・バスの乗降口

・バスの座席

「もしも」の時のために、最低これだけは知っておきたいです。

リムジンバスにも数社のバス会社が存在します。

自分が乗車したバス会社は必ず確認しておきたいですね。

ここが分かっていれば、手配も早くスムーズにできますよ。

手落ちバッグについて

今回、大きめのトートバッグを持ち歩きました。

取り出し口はスナップボタンがついているものの、倒せば物が飛び出す状態でした。

おそらく、眠っている間に財布がバッグから落ちたものだと考えられます。

財布を入れる手持ちバッグはファスナーの付いたものがベストだというこを学びました。

空港には余裕を持って到着する

これまで、空港到着が搭乗時間ギリギリということもありました。

しかし、今回の体験を経て「何があるかわからない」ことを前提に1時間半~2時間前には到着しておくべきだと考えます。

空港内には土産ショップがたくさんありますので、幸いに時間を潰すことは容易にできます。

突然の出来事に対応できるだけの時間の余裕を持ちたいものです。

空港内での失くしもの

羽田空港ないでの失くしものについてはこちら「お忘れものセンター」に届けられます。

お忘れものセンターがあるのは、第1ターミナルのみですのでご注意ください。

電話での問い合わせも可能です。

1旅客ターミナル1F ターミナルロビー 南 03-5757-8107

 

とにかく頭が混乱してどうして良いかわからないという場合は、各階にある案内所で状況を説明しよう!

→第1旅客ターミナル案内所

→第2旅客ターミナル案内所

総合案内 電話 03-5757-8111

マップを持っておくのがおすすめ

羽田空港内はとにかく広いです。

おまけに第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナルと二つの建物がありますよね。

案内所やスタッフの話を聞いただけでは、目的地に簡単にたどり着くことができません。

できればマップを持っておくか、スマホやタブレット等ですぐに確認できる状態にしておくと安心です、

 

以上が、空港で財布を失くして学んだことです。

飛行機に搭乗できないのでは?という不安で押しつぶされそうな1時間30分でした。

もう、この思いは二度とごめんです。

国内旅行だし、いつも使っている羽田空港出しと甘く考えすぎていました。

財布を失くすなんて夢にも思いませんからね。

次の空港利用の際には、手持ちバッグの見直しから行ってみます。

・赤ちゃんと初めての旅行 ~ 不安解消するため新米ママさんにおすすめしたいこと

・熊本城の観光を堪能したい方におすすめ ~ 桜の馬場 城彩苑(じょうさいえん)

・東京ディズニーランドから自分あてにポストカードを送る「ディズニー郵便」を楽しみつつ更にSNS映えする方法

・TDS キャラクターダイニングレストラン「ホライズン・ベイ」| ディズニーマジックで子供の食わず嫌いを克服できるチャンス

・一人ディズニーは男女問わず癖になる ~ 東京ディズニーシーを一人で満喫する方法

・TDL ショーレストラン|ザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ 「ミッキー&カンパニー」魅力の全て!

 

空港で財布を失くして学んだこと ~ リムジンバスについても知っておくべき!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でegaosmileをフォローしよう!


スポンサーリンク


関連記事

  1. 友野一希(とものかずき)選手 〜 フィギュアスケート世界選手権2…
  2. 爽やかな「ボーダーワンピース」はおしゃれの定番〜おすすめのボーダ…
  3. 樋口新葉(ひぐち わかば)さん 〜 「金メダルを獲りたい」夢へと…
  4. iPhoneのバッテリーの減りがはやいのはなぜ?〜 スマホ初心者…
  5. 髪がパサパサして邪魔になる 〜 パサパサ髪にならないためのお手入…
  6. 欲しいものがいっぱいなんだけど貯金も欲しい 〜 どうお金を貯めた…
  7. 「羽生結弦選手」五輪報告 凱旋パレード 応援グッズ販売決定!〜 …
  8. 「iPhone X」を使ってみて良かったこと5つ ~ 普通の主婦…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP